LinuxでNIC(ネットワークインターフェースカード)のボンディング設定を行う方法

この記事では、Linux環境でNIC(ネットワークインターフェースカード)のボンディング設定について解説します。具体的な設定手順、各種モードの説明、トラブルシューティングのポイント、そして応用例までを網羅しています。

目次

ボンディングとは

ボンディングとは、複数のNICを1つの仮想NICとして組み合わせる技術です。この技術により、ネットワークの高可用性や冗長性、パフォーマンスが向上します。

ボンディングのメリット

– 高可用性: 一つのNICが故障しても、他のNICがその役割を果たします。
– パフォーマンス向上: 複数のNICを活用することで、ネットワークの帯域幅が拡大します。

設定手順

依存パッケージのインストール

まず、必要なパッケージをインストールします。

sudo apt update
sudo apt install ifenslave

ボンディング用の設定ファイルを作成

`/etc/modprobe.d/bonding.conf` ファイルを作成します。

echo "alias bond0 bonding" | sudo tee -a /etc/modprobe.d/bonding.conf

各種モードの説明

Linuxで使えるボンディングモードはいくつかあります。主なものには以下があります。

balance-rr(Round-robin)

すべてのパケットを順番に各NICに分配します。これにより、高い帯域幅を確保できます。

active-backup

一つのNICがアクティブで、他のNICは待機状態です。主NICがダウンした場合、待機しているNICが自動的にアクティブになります。

トラブルシューティング

ボンディング設定後に問題が発生した場合、以下のポイントを確認してください。

syslogの確認

Linuxのシステムログを確認して、エラーメッセージがないかをチェックします。

tail -f /var/log/syslog

ネットワークステータスの確認

`ifconfig` コマンドや `ip` コマンドを用いて、ネットワークのステータスを確認します。

ifconfig
ip a

応用例

応用例1: 複数のVLANに対応

ボンディングを用いて、複数のVLANに同時に対応させることができます。

# VLAN設定の例
sudo vconfig add bond0 10

応用例2: MTU値の最適化

MTU(Maximum Transmission Unit)値を調整して、ネットワークパフォーマンスを最適化します。

# MTU値を9000に設定
sudo ifconfig bond0 mtu 9000

応用例3: ボンディングの状態確認

ボンディングの状態をリアルタイムで確認するコマンドです。

cat /proc/net/bonding/bond0

応用例4: LACP設定

LACP(Link Aggregation Control Protocol)を使用して、ボンディング設定を行います。

# LACPを有効にする
sudo ifenslave -c bond0 eth0 eth1

応用例5: ボンディング解除

設定したボンディングを解除するコマンド例です。

sudo ifenslave -d bond0 eth0 eth1

まとめ

LinuxでのNICボンディング設定は高可用性やパフォーマンス向上に非常に役立つ技術です。この記事で紹介した手法と応用例を参考に、

ぜひ実環境での適用を検討してみてください。

コメント

コメントする

目次