Linuxのシェルスクリプト実行方法と応用例

この記事では、Linuxにおけるシェルスクリプトの実行方法と、その詳細解説、さらに応用例をいくつか紹介していきます。シェルスクリプトは、一連のLinuxコマンドをまとめて実行するためのスクリプト言語です。これにより、繰り返し実行するコマンドや、複数のコマンドを一度に実行する作業を自動化することができます。

目次

シェルスクリプトとは?

シェルスクリプトは、BashやZshのようなシェル環境上で動作するスクリプト言語です。LinuxやUnix系のOSにおいて、コマンドラインからの操作を自動化するためのツールとして利用されます。

シェルスクリプトの基本的な実行方法

シェルスクリプトを実行するためには、まずスクリプトに実行権限を与える必要があります。以下の手順でシェルスクリプトを実行する方法を説明します。

1. 実行権限の付与

以下のコマンドを使用して、シェルスクリプトに実行権限を付与します。

chmod +x script_name.sh  # script_name.shに実行権限を付与

2. シェルスクリプトの実行

実行権限を付与した後、以下のコマンドでシェルスクリプトを実行できます。

./script_name.sh  # script_name.shを実行

応用例

1. ディレクトリ内のファイルリストを出力

#!/bin/bash

for file in *; do
    echo $file
done

このスクリプトは、カレントディレクトリに存在するすべてのファイルとディレクトリのリストを出力します。

2. 指定したディレクトリの容量を確認

#!/bin/bash

du -sh /path/to/directory  # /path/to/directoryの容量を確認

3. バックアップスクリプト

#!/bin/bash

tar czf backup.tar.gz /path/to/source_directory

このスクリプトは、指定したディレクトリの内容を`backup.tar.gz`という名前のアーカイブファイルに圧縮して保存します。

4. 特定の拡張子のファイルを削除

#!/bin/bash

find /path/to/directory -name "*.tmp" -delete  # .tmp拡張子のファイルを削除

まとめ

Linuxのシェルスクリプトは、日常的なタスクを効率化するための強力なツールです。基本的な実行方法から応用例まで、さまざまなシナリオでの利用方法を学びました。これを機に、シェルスクリプトを使って作業効率を向上させてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/16 02:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次