Linuxでインストール済みのパッケージを一覧表示する方法

この記事では、Linux環境でインストール済みのパッケージを一覧表示する方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらに応用例を5つ以上紹介します。Linuxディストリビューションによっては、異なるコマンドを使用する必要がありますので、その点も詳細に説明します。

目次

パッケージ管理システムの違い

Linuxにはいくつかのパッケージ管理システムがあります。主なものとしては`dpkg`(Debian系)、`rpm`(RedHat系)、`apt`、`yum`などがあります。この記事ではこれらの各システムでインストール済みのパッケージを一覧表示する方法を解説します。

Debian系(dpkgとapt)

Debian系のLinuxディストリビューション(Ubuntu、Debianなど)では、`dpkg`や`apt`コマンドを使用します。

dpkg -l  # インストール済みのパッケージを一覧表示

このコマンドはシステムにインストールされたすべてのパッケージを一覧表示します。

RedHat系(rpmとyum)

RedHat系のLinuxディストリビューション(Fedora、CentOSなど)では、`rpm`や`yum`コマンドを使用します。

rpm -qa  # インストール済みのパッケージを一覧表示

コマンドの詳細解説

dpkg -l

`dpkg -l`コマンドは、インストールされたパッケージの一覧を表示するためのコマンドです。このコマンドの出力には、パッケージ名、バージョン、説明文が含まれます。

rpm -qa

`rpm -qa`コマンドも同様に、インストールされたパッケージの一覧を表示しますが、こちらはRedHat系で使用します。出力内容はパッケージ名とバージョンです。

応用例

特定のパッケージだけを表示

dpkg -l | grep 'パッケージ名'  # Debian系
rpm -qa | grep 'パッケージ名'  # RedHat系

パッケージ一覧をファイルに保存

dpkg -l > package_list.txt  # Debian系
rpm -qa > package_list.txt  # RedHat系

特定の情報だけを抽出

dpkg -l | awk '{print $2}'  # Debian系
rpm -qa --queryformat '%{NAME}\n'  # RedHat系

ソートして表示

dpkg -l | sort  # Debian系
rpm -qa | sort  # RedHat系

インストール日時でソート

rpm -qa --last | sort  # RedHat系

まとめ

Linuxでインストール済みのパッケージを一覧表示するには、使用しているディストリビューションに応じて`dpkg -l`や`rpm -qa`などのコマンドを使用します。これらの基本的な使用方法から、特定の情報だけを抽出する高度な使い方まで、幅広い応用例を紹介しました。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/06/20 01:12:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次