優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

LinuxでシステムのLVM構成と使用状況を確認する完全ガイド

この記事では、Linux環境においてシステムのLVM(Logical Volume Management)構成と使用状況を確認する方法について詳しく解説します。具体的なコマンド例とその解説、さらに応用例も含めてご紹介します。

目次

はじめに

LVM(Logical Volume Management)はLinuxでストレージを効率よく管理するためのフレームワークです。LVMを活用することで、ディスク容量を柔軟に割り当てたり、ストレージを効率よく利用することが可能です。本記事では、これらのLVM構成を確認するための基本的な手法から応用テクニックまでを解説します。

LVMの基礎知識

LVMでは、物理ボリューム(PV)、ボリュームグループ(VG)、論理ボリューム(LV)という三つの主要なコンポーネントがあります。このセクションでは、これらのコンポーネントとそれぞれの役割について簡単に説明します。

物理ボリューム(PV)

物理ボリュームは、LVMによって管理されるディスクまたはディスクパーティションです。

ボリュームグループ(VG)

ボリュームグループは、一つ以上の物理ボリュームをまとめたものです。VG内で、複数の論理ボリュームを作成することができます。

論理ボリューム(LV)

論理ボリュームは、ボリュームグループ内でユーザーが利用するストレージ領域です。

LVM構成の確認方法

LVM構成と使用状況を確認するには、いくつかのコマンドがあります。

`pvdisplay`コマンド

このコマンドを使用して、物理ボリュームの詳細情報を表示することができます。

pvdisplay  # 物理ボリュームの詳細情報を表示

`vgdisplay`コマンド

`vgdisplay`コマンドを使用すると、ボリュームグループの詳細情報が表示されます。

vgdisplay  # ボリュームグループの詳細情報を表示

`lvdisplay`コマンド

このコマンドにより、論理ボリュームの詳細情報を取得できます。

lvdisplay  # 論理ボリュームの詳細情報を表示

応用例

以下では、LVM構成の確認に役立ついくつかの応用例を解説します。

特定のVGに属するLVを一覧表示

lvdisplay VG_Name  # VG_Nameに属する論理ボリュームを一覧表示

特定のPVが属するVGを確認

pvdisplay | grep "VG Name"  # 物理ボリュームが属するVGを確認

VGの使用可能な容量を確認

vgdisplay -s  # VGの使用可能な容量を確認する

特定のLVのサイズを変更

lvresize -L +1G LV_Name  # LV_Nameのサイズを1GB増やす

不要なLVを削除

lvremove LV_Name  # LV_Nameを削除する

まとめ

LinuxのLVM構成と使用状況を確認する方法は多く、それぞれの状況に応じて適切なコマンドを使い分けることが重要です。本記事で紹介したコマンドや応用例を活用して、システムのストレージ管理を効率よく行ってください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/28 22:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次