Linuxでchronydとntpdのステータスを確認・管理する方法

Linuxシステムで時刻同期サービスを効率的に管理するためには、`chronyd`や`ntpd`といったツールのステータスを確認・管理するスキルが欠かせません。この記事では、これらのサービスのステータスを確認する手順、コマンド、そしてより高度な応用例について解説します。

目次

基本的なステータス確認

`chronyd`や`ntpd`のサービスステータスを確認する基本的なコマンドは以下の通りです。

sudo systemctl status chronyd  # chronydのステータスを確認
sudo systemctl status ntpd  # ntpdのステータスを確認

ステータスの読み取り方

実行結果には、サービスがアクティブか、非アクティブか、エラーが発生しているかなどの情報が表示されます。特に`Active:`と表示されている行がそのサービスの運用状態を示しています。

応用例

chronydとntpdの自動起動設定

サーバーの再起動後にもこれらのサービスが自動で起動するように設定できます。

sudo systemctl enable chronyd  # chronydを自動起動に設定
sudo systemctl enable ntpd  # ntpdを自動起動に設定

特定のポートで動作しているか確認

sudo netstat -tulnp | grep chronyd  # chronydが使用しているポートを確認

サービスの再起動と再読み込み

設定ファイルを変更した後、その変更を反映させるにはサービスを再起動または再読み込みします。

sudo systemctl restart chronyd  # chronydを再起動
sudo systemctl reload ntpd  # ntpd設定を再読み込み

特定の時刻サーバーと同期

chronydやntpdで特定の時刻サーバーとのみ同期させたい場合の設定例です。

sudo echo "server time.example.com iburst" >> /etc/chrony/chrony.conf  # 特定のサーバーと同期

まとめ

この記事では、Linuxの`chronyd`と`ntpd`サービスのステータスの確認と管理について詳細に解説しました。これらの知識は、サーバーの安定運用に不可欠です。特に、状況に応じた応用例をいくつか挙げ、その操作方法とその背後にあるロジックについても説明しました。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/16 02:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次