Linuxでファイルを行数ごとに分割する方法

Linuxのコマンドラインでは、さまざまな処理が行えます。特に、大量のデータを扱う場面では、ファイルを行数ごとに分割することが必要になることがあります。この記事では、Linuxでファイルを行数ごとに分割する方法について詳しく解説します。また、応用例を4つ取り上げ、実際のコードとともに詳しい解説を行います。

目次

ファイルを行数ごとに分割する基本的な方法

Linuxでは、`split`コマンドを使用してファイルを行数ごとに分割することができます。

split -l 1000 大きなファイル.txt 小さなファイル_  # 1000行ごとにファイルを分割

上記のコードでは、`大きなファイル.txt`を1000行ごとに分割して、`小さなファイル_aa`, `小さなファイル_ab`… という形で新しいファイルを作成します。

splitコマンドのオプション

– `-l` オプション: 分割する行数を指定します。
– `-a` オプション: 生成するファイルの接尾辞の長さを指定します。デフォルトは2文字です。

応用例

1. 分割ファイルのプレフィックスを指定する

`split`コマンドの最後の引数は、分割したファイルの名前のプレフィックスを指定します。

split -l 500 ファイル.txt プレフィックス_

2. 接尾辞の長さを変更する

split -l 500 -a 3 ファイル.txt ファイル_part_

上記のコードでは、ファイルの接尾辞が3文字となり、`ファイル_part_001`、`ファイル_part_002`というようになります。

3. 分割ファイルにヘッダーを追加する

分割したファイルの先頭にヘッダー情報を追加したい場合は、以下のように行います。

split -l 500 ファイル.txt テンポラリ_
for file in テンポラリ_*; do
  echo "ヘッダー情報" > $file.new
  cat $file >> $file.new
  mv $file.new $file
done

4. 特定の条件でファイルを分割する

`awk`コマンドを使用して、特定の条件を満たす行でファイルを分割することも可能です。

awk '/特定のパターン/ {filename="分割" NR ".txt"} {print >filename}' ファイル.txt

まとめ

Linuxの`split`コマンドを使用すると、簡単にファイルを行数ごとに分割することができます。さまざまなオプションや組み合わせで、ニーズに合わせたファイル分割が行えるため、日常の作業に取り入れてみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/19 02:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次