Linuxでユーザーアカウントの期限を確認・管理する方法

Linux環境でユーザーアカウントの期限を確認する方法は複数あります。この記事では、`chage` コマンドと`passwd` コマンドを使用して、ユーザーアカウントの期限を確認・管理する具体的な手法とその応用例を解説します。

目次

基本的な期限確認手法

最も基本的なコマンドは `chage` です。`chage` コマンドを使うと、ユーザーアカウントに設定された期限やパスワードの有効期間などを確認できます。

sudo chage -l username  # usernameは確認したいユーザー名に置き換えてください

コマンド出力の解釈

このコマンドを実行すると、以下のような出力が得られます。

“`
Last password change : Jan 01, 2022
Password expires : never
Password inactive : never
Account expires : never
Minimum number of days between password change : 0
Maximum number of days between password change : 99999
Number of days of warning before password expires : 7
“`

ここで、”Account expires” の項目がアカウントの有効期限です。”never” は期限が設定されていないことを意味します。

応用例

応用例1: 一括でユーザーの期限を確認するスクリプト

複数のユーザーがいる場合、一括で確認するスクリプトが便利です。

#!/bin/bash
for user in $(awk -F: '{ print $1}' /etc/passwd); do
  echo "Checking $user ..."
  sudo chage -l $user
done

応用例2: 期限が近いユーザーに自動で警告メールを送る

`cron` ジョブと組み合わせて、期限が近いユーザーに警告メールを自動で送ることも可能です。

#!/bin/bash
# ...(中略)...
# メール送信の処理をここに記述
# ...(中略)...

応用例3: ユーザーアカウントの期限を一括で延長する

期限が設定されているアカウントの期限を一括で延長するスクリプトです。

#!/bin/bash
# ...(中略)...
# 期限延長の処理をここに記述
# ...(中略)...

応用例4: 期限切れアカウントの一覧をCSVで出力

期限切れのアカウントをCSV形式で出力するスクリプト例です。

#!/bin/bash
# ...(中略)...
# CSV出力の処理をここに記述
# ...(中略)...

まとめ

Linuxにおけるユーザーアカウントの期限管理は、システム管理者にとって非常に重要なタスクです。`chage` コマンドと`passwd` コマンドをうまく活用し、効率的に管理を行いましょう。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/16 02:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次