ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

WinSCPでLinux上のファイルをローカルへダウンロードする方法

Linux上のファイルやフォルダをローカル環境へダウンロードする方法を解説します。WinSCPというフリーウェアを利用します。

目次

WinSCPのインストール

WinSCPはSSHでファイルを転送するアプリケーションです。詳細はWikiに詳しく載っていました。(流石分かり易い)

WinSCPは、Martin Přikrylがオープンソースで開発・公開している、ファイルを暗号化しコンピュータ間でファイル転送を行うSSHクライアントのアプリケーションソフトウェアである。本ソフトウェアはWindowsで動作する。

本ソフトウェアで、SSHの機能のうちSCP (Secure copy) とSFTPサブシステムでの通信ができ、FTPSサーバへの接続も可能である。そのプログラム内部ではPuTTYを使用してSSHでの通信を実現している。バージョン5.13からはAmazon Simple Storage Serviceのプロトコルにも対応している[4]。

引用:Wikipedia

様々なフリーウェアサイトでダウンロード可能ですが、WinSCPの公式HPからダウンロードします。

インストールは実行ファイルを次へで進めていけば問題なくできます。

ローカルへのダウンロード方法

インストールできたらWinSCPを起動してください

以下の様なログイン画面が出てきますので、対象のLinuxサーバーの情報を入力してログインをクリックしてください。転送プロトコルはSFTP,SCP,FTPが選択可能です。

以下警告がでますが、「はい」で問題ありません

下記画面が出てきます。左側がローカル環境のディレクトリ、右側がLINUX環境のディレクトが表示されています。

対象のファイル・フォルダをドラッグ&ドロップすることで、ダウンロードとアップロード(転送)が可能となります。簡単ですね。

TeraTermを利用する場合

同じくフリーウェアのTeraTermでも転送が可能です。詳細は下記の記事をご参照ください。

Tera TermでローカルPC上のファイルをLinux上へアップロードする方法

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次