ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

Tera TermでローカルPC上のファイルをLinux上へアップロードする方法

ローカルPC上のファイルをTera Termを利用してLinux Server上にアップロードする方法を解説します。

目次

アップロードファイルの準備

ローカルCドライブの直下に「Upload_Test_File.txt」といったファイルを作成しました。「Upload_Test_File.txt」をLinux Serverにアップロードします。※ローカルの保存場所はどこでも可です。

Linux Server へのアップロード方法

さてTera Termを立ち上げて、Upload先のLinux Serverに接続します。

「ファイル」⇒ 「SSH SCP…」を選択します。

下図を参考に、アップロード対象のファイルと、アップロード先のディレクトリを入力し、「Send」ボタンをクリックします。

アップロードできたか確認

アップロードができたか確認します。

Linux上で #cd /home/UploadTest とタイプし

UploadTestへ移動すると、ローカルPC上のファイル「Upload_Test_File.txt」がありました。

中身の確認もしてみます。

vi Upload_Test_File.txt とタイプしviエディターで開いてください

中身の確認ができました。日本語が文字化けしていますが、これはまた別方法で解消する必要があります。一旦はアップロードが成功しました。

逆にLinux上のファイルをダウンロードする場合

Linux上のファイルをローカルPCにダウンロードする場合については下記の記事をご覧ください。

TeraTermでLinuxのファイルをローカルへダウンロードする方法

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次