情シスはOutlookのWinmail.dat化け現象を防ぐ必要がある!一括で防ぐ方法を教えます。

Outlookを使っていると送信先から添付ファイルが「Winmail.dat」になってしまうと指摘されることがあります。本記事では、一括でこの事象を解消する方法を解説します。

Winmail.datになる理由

添付ファイルが「Winmail.dat」となってしまう理由を簡単に解説します。

以下のMicrosoftのサイトに詳細が記載されています。Outlookでは、Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) と呼ばれる情報をパッケージ化させる技術を使ってメール送信をしています。受けてがOutlookであると問題ないんですが、Outlook以外のメールソフトを利用している場合は、復号できずに添付ファイルが「Winmail.dat」となってしまうことがあるようです。

メールのメッセージ形式が Outlook のインターネット メールのメッセージに与える影響

Winmail.datになるのを防ぐ方法

Winmail.datにならにようにするには、TNEFを無効にする必要があります。

この方法はいたってシンプルで、Outlookオプションの設定変更でメッセージの形式を「テキスト」にしてあげれば良いのです。リッチ テキスト形式である場合に、Winmail.dat化けを起こすようです。また、HTML形式であればWinmail.dat化はされませんが、情報セキュリティ上HTML形式のメールを強制的にテキストに変換して受信している組織が多かったりするのでテキスト形式で送信しておくのが無難だと思います。

Outlookオプション>メール>次の形式でメッセージを作成する

全ユーザーの設定をテキスト形式に一括で変更する方法

さて、「Winmail.dat」となってしまう理由と対処方法が分かったかと思います。ただ、ユーザー個々に設定変更してもらうのは難しいです。実は、GPOを利用することで一括でテキスト形式に設定変更することができるのです。以下記事をご参照ください。

GPOでOutlookの「メッセージ形式」をデフォルトで「テキスト」にする方法

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。