『Windows Server 2019』ファイルサーバーの構築手順を図解で説明

Windows Server 2019でファイルサーバーを構築してみました。Windows Server 2016以前と同じ方法で構築が可能で呆気なかったです。

役割と機能の追加

まずは、Serverのサーバーマネージャーを立ち上げます。②役割と機能の追加を押下

次へ

役割ベースまたは機能ベースのインストールを選択して次へ

サーバープールからサーバを選択してください。今操作しているサーバのホストが表示されているはずです。そして次へ

「ファイサーバー」と「ファイルサーバーリソースマネージャー」を選択して次へを押下
ファイルサーバーリソースマネージャーでは容量制限等の機能が利用可能なので必ずチェックしてください

ファイルサーバーリソースマネージャーを選択した時に下記ウインドウがでますが、そのまま機能の追加を押下でOKです。

特に何も選択せずに次へ

好みで自動的に再起動するにチェックを入れて
インストールを押下

インストールが開始されます。

インストールが完了しました。

これで、ファイルサーバーの構築が終わりです。

ファイルサーバー運用テクニックまとめ

ファイルサーバーを構築した後は共有フォルダを作って、権限付与してといった流れになります。以下の記事をご参考に運用を考えてみてください。最初に設定しておくと後々楽になるテクニック満載です。

Windowsファイルサーバーの運用テクニックまとめ|容量制限、圧縮、リストア、etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。