Windowsのファイルサーバーを自動圧縮して容量を節約する超簡単な方法

2021年10月5日

Windowsには標準機能でファイルやフォルダを圧縮してストレージの容量を節約してくれる便利機能があります。この機能をファイルサーバーに適用して賢くストレージを有効活用する方法を解説します。

「内容を圧縮してディスク領域を節約する」を有効にする。

ファイルサーバー上で共有フォルダにしているフォルダーに対して、「内容を圧縮してディスク領域を節約する」という属性を有効にします。

ファイルサーバー上の容量を節約したい共有フォルダのプロパティを開き、属性の詳細設定をクリックします。

「内容を圧縮してディスク領域を節約する」にチェックを入れます。

「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」を選択します。フォルダー内の全てが圧縮される対象となります。

すると以下のように、アイコンの右上に青いマークがつきます。

圧縮の確認

圧縮ができているのか確認をしてみます。

左が「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」にチェックが入っていない通常のフォルダー、右が今回設定したチェックが入っているフォルダーになります。

フォルダー自体のサイズは同じですが、ディスク上のサイズを見ると圧縮されていることが分かります。圧縮率はファイルによって異なるので一概に〇%圧縮されるとは言い切ることはできませんが、チェックをつけておくだけでストレージ容量を節約することが可能です。

一度設定をすると、このフォルダーに新規作成されるフォルダー、ファイルが自動的に圧縮されます。便利でしょ?

ファイルサーバー運用テクニックまとめ

ファイルサーバーの運用テクニックを以下の記事でまとめました。知っておくと情シスの運用がかなり楽になりますのでご一読ください。

Windowsファイルサーバーの運用テクニックまとめ|容量制限、圧縮、リストア、etc

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ