実はファイルサーバーの構築って何もする必要がないんです。その理由を解説

Windows Serverでのファイルサーバーの構築ですが、なんとなく大変なのではと思っている方が多いかと思います。でも実は何もする必要がないんですね。本記事ではそのカラクリを説明をします。

サーバーの役割の確認

ファイルサーバーはWindows Server OSの機能の一つです。機能を追加する時は「役割と機能の追加ウィザード」からサーバーの役割を追加していくのが正当な方法になります。

下の絵ではインストール仕立てのWindows Server OS です。当然何もしていないのでファイルサーバーにチェックが入っていません。ここでは確認だけでチェックを入れずにキャンセルします。

共有フォルダの作成

とりあえず共有フォルダを作成してみます。Cドライブに検証用のファイルを作成します。

右クリックでプロパティを開きます。

「共有ボタン」をクリックします。

「共有ボタン」をクリックします。

すると、通常は出ない下記のような画面が出てきますので、「はい、すべてのパブリック ネットワークにネットワークの探索とファイル共有を有効にします」を選択します。

この選択で、ファイルサーバーの役割が自動的に追加されます。

共有フォルダが作成できました。

サーバーの役割の確認(再)

再度サーバーの役割を確認してみましょう。

ファイルサーバー(インストール済み)にチェックが入っています。

結論

共有フォルダを作成するだけで、ファイルサーバーの役割が自動的に追加されました。特別な設定は何もする必要がないわけです。

ただ、ファイルサーバーをより活用したい場合は、ファイルサーバーリソースマネージャーを追加して設定を色々と追加する必要があります。下記の記事で紹介しています。

フォルダ保存容量の上限を指定!!|ファイルサーバーの機能解説

動画やEXEファイルをファイルサーバーに保存させない設定方法

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です