グループポリシーでWindows PCにURLやフォルダのショートカットを一斉配布する手順

2021年10月5日

組織でパソコンを管理しているとファイルサーバーのショートカットであったり、URLのショートカットであったりと、高確率でショートカットを配布する必要があります。メールで配布したり、グループウェアの掲示板で配布する方法もありますが、ActiveDirectoryがあればグループポリシーで一括で配布することが可能です。本記事では、GPOによるショートカットの配布方法を解説します。

グルーポプリシーの作成方法

グループポリシーの作成をしたことがない初心者の方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!に作成手順をかみ砕いて解説いたしましたのでまずはご参照ください。実例を用いて説明をしていますので全くの初心者でもグルーポプリシーが扱えるようになります。

ショートカット作成手順

グループポリシー管理エディタを開き以下を開きます。

▪️コンピュータ単位で設定する場合

コンピューターの構成 ➡︎ 基本設定 ➡︎ Windowsの設定 ➡︎ ショートカット

▪️ユーザー単位で設定する場合

  ユーザーの構成 ➡︎ 基本設定 ➡︎ Windowsの設定 ➡︎ ショートカット

続いて、以下のように右クリックからショートカットを選択します。

1GPOショートカット作成

URLショートカットを配布する場合

URLのショートカットを配布するには、以下のように設定してください。

①アクション更新を選択(更新=変更分を上書き 置換=毎回再作成)
②名前ショーカットの名前を入力
③ターゲットの種類URLを選択
④場所配布したい場所を選択
⑤ターゲットURLリンク先のURLを入力

該当のPCでGPOを適用するとショートカットが作成されます。

共用フォルダへのショートカットの配布

共有フォルダのショートカットを配布するには、以下のように設定してください。

①アクション更新を選択(更新=変更分を上書き 置換=毎回再作成)
②名前ショーカットの名前を入力
③ターゲットの種類フィアルシステムオブジェクトを選択
④場所 配布したい場所を選択
⑤ターゲットURLリンク先の共有フォルダのパスを入力

該当のPCでGPOを適用するとショートカットが作成されます。

特定のサイトを指定したブラウザで開けるショートカットの作成

ファイルシステムオブジェクトを選択した場合の応用です。ターゲットパスにブラウザのショートカットを指定して、引数に接続先URLを指定します。この設定で特定のサイトを指定したブラウザで開けるショートカットを一斉配布することが可能となります。サイトAはGoogle ChromeでサイトBはEdgeで開くようにすることが可能になります。

GPOを利用しない場合は、以下の記事をご参照ください。

既定ブラウザがEdgeでもGoogle Chromeで特定のサイトを開くショートカットの作成方法

ネットワークドライブの配布

共有フォルダのショートカットはネットワークドライブを利用する方が便利です。GPOでネットワークドライブを配布する場合は下記の記事を参考にしてください。

GPOでネットワークドライブを設定する方法(共有フォルダのショートカットはダサい)

ショートカット以外のファイル配布

GPOではショートカット以外にも任意のファイルを配布することができます。GPOによるファイルの配布については、グループポリシー(GPO)でローカルの任意の場所にファイルを配布する方法をご参照ください。

program files内のexeのショートカットの配布は少しコツがいります。以下記事をご参照ください。

GPOでIEのショートカットを一斉配布する方法|Windows10にIEのショートカットが無い