Windows Server 2019 のActive Directory (AD) 構築手順|図解による簡単解説

本記事では、Windows Server 2019のActive Directory (AD)構築手順を紹介します。基本的にはWindows Server 2012,Windows Server 2016と同じですが検証を兼ねて構築してみました。

Active Directoryドメインサービスの追加

AD機能をサーバーに追加します。

サーバーマネージャーの「役割と機能の追加」を選択します。

次へ

「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選択して次へ

「サーバープールからサーバーを選択」を選択して次へ

「Active Directoryドメインサービス」のチェックボックスをクリック

「役割と機能の追加ウィザード」が出てくるので、「機能の追加」をクリック

「Active Directoryドメインサービス」にチェックが入っていることを確認して、次へ

「役割と機能の追加ウィザード」はそのまま次へでOKです。もちろん追加したい機能がある場合はチェックを入れてください。

次へ

「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れて次へ

完了です。

Active Directoryドメインサービス構成ウィザード

実際にドメイン名等の設定を実施していきます。

サーバーマネージャーの右上の旗をクリックし、「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」を選択します。

今回は新規のドメインコントローラーなので、「新しいフォレストを追加する」を選択し、ルートドメイン名を指定します。

フォレストの機能レベルと、ドメインの機能レベルを指定します。理由は不明ですが、まだWindows Server 2016までしか選択できませんでした。
DSRMのパスワードを入力します。

次へ

次へ(自動的に入力されます)

次へ

次へ

「インストール」でサーバーが再起動されて完了です。

Active Directoryドメインサービスの確認

最後にActive Directoryドメインサービスが構成された事を確認します。Active Directory機能で最も重要な「Active Directoryユーザーとコンピュータ」を開いてください。上項目で設定したルートドメインが見て取れれば成功です。

最後に

検証をしてみましたが、Windows Server 2016との違いはありませんでした。

Active Directory(AD)についてより理解を深めたい方は下記の記事を是非ご覧ください。

Active Directory の全て(初心者でもADを完全に理解できる)

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です