優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

トランザクションと分析のパフォーマンスを両立する非正規化の技法

SQLのデータベース設計では、非正規化(Denormalization)がよく議論されるトピックの一つです。非正規化は、データの冗長性を許容することで、トランザクション処理と分析のパフォーマンスを向上させる手法です。この記事では、非正規化が何であるのか、そのメリット・デメリット、さらには非正規化を活用する具体的なケースについて詳しく解説します。

目次

非正規化とは

非正規化とは、データベース設計において正規化を逆行させる手法であり、一般にパフォーマンスを向上させる目的で用いられます。正規化がデータの冗長性を排除することを目的としているのに対して、非正規化はあえて冗長性を許容します。

非正規化のメリット

  • クエリの高速化
  • 分析処理の効率向上
  • トランザクション処理のシンプリシティ

非正規化のデメリット

  • データ整合性の維持が難しい
  • ストレージコストが増加
  • 管理が複雑になる可能性

非正規化の適用ケース

非正規化は、特定の状況下で最も効果を発揮します。以下のようなケースで非正規化を検討すると良いでしょう。

読み取りが多い場合

データの読み取り(SELECT文の実行など)が多い場面では、非正規化によって処理速度を大幅に向上させることが可能です。

複雑なクエリを実行する場合

JOINやサブクエリなど、複雑なクエリが頻繁に実行される場合も、非正規化の導入を検討する価値があります。

非正規化の具体的な手法

具体的な非正規化の手法をいくつか紹介します。

マテリアライズド・ビューの使用

CREATE MATERIALIZED VIEW mat_view AS
SELECT ...
FROM ...
JOIN ...
;

冗長なフィールドの追加

一つのテーブルに冗長なフィールド(計算済みの値やキャッシュなど)を追加する方法です。

集約テーブルの作成

CREATE TABLE agg_table AS
SELECT SUM(column1), AVG(column2)
FROM original_table
GROUP BY column3;

データの例

非正規化の適用例として、以下のようなテーブルを考えてみましょう。

商品ID商品名価格販売数売上高
1りんご100505000
2バナナ801008000
非正規化された商品テーブル

まとめ

非正規化はデータベース設計において重要な手法の一つです。特に、読み取りが多かったり、複雑なクエリが頻繁に実行される場合には、非正規化によって大幅なパフォーマンス向上が期待できます。しかし、その反面でデータ整合性やストレージコスト、管理の複雑性には注意が必要です。

コメント

コメントする

目次