優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

SQL非正規化のメリットとデメリットを徹底解説

この記事では、データベース設計における「非正規化」について、そのメリットとデメリットを詳しく解説します。非正規化は、データベースのパフォーマンスや運用に影響を与える重要な要素です。したがって、非正規化を適切に行うことが、データベースの効率的な運用に繋がります。

目次

非正規化とは

非正規化(Denormalization)とは、正規化されたデータベース設計をあえて複雑化し、データを重複させることである。通常、正規化はデータの冗長性を削減し、データ整合性を保つために行われる。しかし、非正規化は正規化の逆のアプローチをとり、特定のクエリが高速に動作するようにデータベースを設計する。

非正規化の目的

非正規化の主な目的は以下の3点です。

  • クエリのパフォーマンスを向上させる
  • データの読み取り速度を高める
  • 集計やレポート作成の効率を上げる

非正規化のメリット

クエリパフォーマンスの向上

一般に、非正規化を行うと、多くの場合でクエリのパフォーマンスが向上します。これは、JOIN操作が少なくなるため、データベースエンジンが処理するデータ量が減少するからです。

正規化前正規化後
クエリ時間: 500msクエリ時間: 200ms
テーブル1: クエリ時間の比較

データの読み取り速度が向上

非正規化されたテーブルでは、データが集約されているため、読み取り速度が高くなる場合があります。

非正規化前非正規化後
読み取り速度: 1MB/s読み取り速度: 3MB/s
テーブル2: 読み取り速度の比較

非正規化のデメリット

データ整合性の問題

非正規化には、データが重複するため、データ整合性が失われるリスクがあります。

項目リスク
データ整合性高い
テーブル3: データ整合性のリスク

ストレージコストの増加

非正規化によって、データが重複し、ストレージコストが増加する可能性があります。

非正規化前非正規化後
ストレージ: 10GBストレージ: 30GB
テーブル4: ストレージコストの比較

まとめ

非正規化は、データベースのクエリパフォーマンスを向上させる効果がありますが、データ整合性やストレージコストの面でデメリットも存在します。したがって、非正規化を行う際は、そのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、適切な設計を行う必要があります。

コメント

コメントする

目次