優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Excel VBAでデータベース・CRMへの情報入力を自動化する方法

この記事では、Excel VBAを利用してデータベースやCRMの新しいエントリーフォームへの情報入力を自動化する方法を取り上げます。具体的なコード例とその詳細な解説、さらに応用例を通じて、一つ上のVBAの活用方法を学べるようになります。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

VBAを用いた情報入力の自動化の基本

Excel VBAを使用することで、Excelに保存されているデータをデータベースやCRMのエントリーフォームに自動的に入力することができます。これは、日常の業務での繰り返しの作業を大幅に削減し、効率化を図ることができます。


Sub AutoInputForm()

    Dim LastRow As Long
    Dim i As Long

    'エントリーフォームの起動
    Application.Run "データベース名.エントリーフォームの起動マクロ"

    '最後のデータまでの行数を取得
    LastRow = ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Rows.Count, "A").End(xlUp).Row

    'データを1行ずつエントリーフォームに入力
    For i = 2 To LastRow
        '名前の入力
        Application.Run "データベース名.エントリーフォーム名.名前", ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 1).Value

        'その他の項目も同様に入力
        '...
        
        '次のエントリーに移動
        Application.Run "データベース名.エントリーフォーム名.次へ"
    Next i

End Sub

コードの解説

– まず、エントリーフォームを起動します。
– `LastRow`でシート内の最後のデータ行を特定します。
– Forループを使用して、各行のデータをエントリーフォームに自動的に入力します。
– 具体的な入力方法は、各データベースやCRMのAPIやマクロに依存します。

応用例

1. データの確認を挟む

データが正しいか確認しながら自動入力を行いたい場合、次のようなコードを追加できます。


If MsgBox(ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 1).Value & " を入力しますか?", vbYesNo) = vbNo Then
    Exit For
End If

2. 特定の条件を満たすデータのみを入力

特定の条件を満たすデータだけを自動入力したい場合、次のようにIf文を追加します。


If ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 2).Value = "特定の条件" Then
    '入力のコード
End If

3. ログの作成

どのデータが入力されたかのログを作成することも可能です。


ThisWorkbook.Sheets("Log").Cells(LastRow + 1, 1).Value = ThisWorkbook.Sheets("Sheet1").Cells(i, 1).Value & " が入力されました。"

まとめ

Excel VBAを使用してデータベースやCRMの新しいエントリーフォームへの情報入力を自動化する方法について説明しました。日常業務の効率化やミスの削減に役立つこと間違いなしです。今回紹介した基本のコードや応用例を参考に、自分の業務に合わせてカスタマイズしてみてください。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次