Windows11で『隠しファイル』を表示する二つの方法を解説

隠しファイルの表示方法がWindows10とWindows11で異なっていたので戸惑いました。本記事ではWindows11で隠しファイルを表示する方法を二つ解説します。

隠しファイルとは?

隠しファイルとは、デフォルトの設定では表示されないフォルダやファイルのことです。下の図をご覧ください、「AppData」というフォルダが隠しファイルとなっています。フォルダだけど隠しファイルと呼ぶ点については突っ込まないようにしてあげましょう。

隠しファイルを表示させると若干薄く表示されます。

隠しファイ「AppData」」のプロパティを開いてみましょう。属性の「隠しファイル」にチェックが入っています。全てのフォルダやファイルで属性を変更することで隠しファイルに変更することができます。

隠しファイルを表示する方法1

隠しファイルを表示する一つ目の方法です。エクスプローラーを立ち上げて「①表示」を選択して「②表示」を選択すると「隠しファイル」項目が表示されるのでクリックしてチェックを入れてください。下図の状態は隠しファイルが表示される状態です。

隠しファイルを表示する方法2

隠しファイルを表示する二つ目の方法です。エクスプローラーを立ち上げて①「・・・」を選択して「②オプション」をクリックします。

フォルダーオプションの①表示タブを選択します。

ファイルとフォルダーの表示項目の「②隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。下図の状態は隠しファイルが表示される状態です。

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ