優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

【GPO】Google ChromeでJavaScriptの実行ができないように一括制御する方法

本記事では、グループポリシーを使ってChromeでJavaScriptの利用ができないように一括制御する方法を解説します。

目次

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は以下の記事で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Google Chrome用管理テンプレートの追加

デフォルトではGoogle Chrome用の管理テンプレートがありませんので、追加する必要があります。下記の記事を参照してChrome用の管理用テンプレートを追加してください。

グループポリシーの設定変更

STEP
[デフォルトのJavaScript設定]を開く

グループポリシー管理エディターから[デフォルトのJavaScript設定]を開きます。

ユーザーの構成>管理テンプレート>Google>Google Chrome>コンテンツの設定>デフォルトのJavaScript設定

STEP
「すべてのサイトに対してJavaScriptの実行を許可しない」を選択

デフォルトのJavaScript設定

  1. [有効]を選択
  2. [すべてのサイトに対してJavaScriptの実行を許可しない]を選択します。
ポリシーの詳細内容を見る場合は、ここをクリック

このポリシーを 1 に設定した場合、ウェブサイトによる JavaScript の実行が許可されます。このポリシーを 2 に設定した場合、JavaScript は拒否されます。

このポリシーを未設定のままにした場合、JavaScript は許可されますが、ユーザーはこの設定を変更できます。

グループポリシーの設定作業は終了ですので、確認をしてみましょう。

グループポリシーを適用して確認

グループポリシーを適用して確認します。 確認を行うクライアントでサインアウトを一度するか、コマンドプロンプトで以下をタイプしてグループポリシーを適用してください。

gpupdate /force

Chromeの設定を確認

Chromeを起動して以下のURLをツールバーに入力してください

chrome://settings/content/javascript

「サイトにJavaScriptの使用を許可しない」が選択されています。

ユーザーはhttps://twitter.com/を削除することができません

Twitterを確認

ChromeでJavaScriptで構築されているhttps://twitter.com/へアクセスすると、以下のように表示されTwitterの利用ができないようになっています。成功です。

JavaScriptを使用できません。

このブラウザではJavaScriptが無効になっています。引き続きtwitter.comを利用するため、JavaScriptを有効にするか、サポートされているブラウザに切り替えてください。サポートされているブラウザのリストについては、ヘルプセンターをご覧ください。

EdgeでJavaScriptを制御するには

似たような作業ですが、EdgeでJavaScriptを制御する場合は以下の記事をご参照ください。

コメント

コメントする

目次