優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

【GPO】EdgeでJavaScriptの実行ができないように一括制御する方法

本記事では、グループポリシーを使ってEdgeでJavaScriptの利用ができないように一括制御する方法を解説します。

目次

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は以下の記事で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Chromium版EdgeをGPOで管理可能にする

Chromium版EdgeをGPOで管理するには、Chromium版Edge用の管理テンプレートをActive Directory に反映させる必要があります。以下の記事をご参照いただきご設定ください。慣れた人が行えば5分で終わる内容です。

グループポリシーの設定変更

STEP
[JavaScriptの規定の設定]を開く

グループポリシー管理エディターから[JavaScriptの規定の設定]を開きます。

ユーザーの構成コンテンツの設定

STEP
どのサイトに対してもJavaScriptの実行を許可しない

JavaScriptの規定の設定を以下のようにします。

  1. [有効]を選択
  2. [JavaScriptの規定の設定]を「どのサイトに対してもJavaScriptの実行を許可しない」
ポリシーの詳細内容を見る場合は、ここをクリック

Web サイトで JavaScript を実行できるかどうかを設定します。JavaScript の実行は、すべてのサイトで許可したり (「AllowJavaScript」)、すべてのサイトで禁止したり (「BlockJavaScript」) することができます。

このポリシーを構成しなかった場合、既定ではすべてのサイトで JavaScript を実行できますが、ユーザーはこの設定を変更できます。

ポリシー オプションのマッピング:

  • AllowJavaScript (1) = JavaScript の実行をすべてのサイトに許可する
  • BlockJavaScript (2) = どのサイトに対しても JavaScript の実行を許可しない

このポリシーを構成するときは、前述の情報を使用してください。

グループポリシーの設定作業は終了ですので、確認をしてみましょう。

グループポリシーを適用して確認

グループポリシーを適用して確認します。 確認を行うクライアントでサインアウトを一度するか、コマンドプロンプトで以下をタイプしてグループポリシーを適用してください。

gpupdate /force

Edgeの設定を確認

新Edgeを起動して以下のURLをURLバーに入力してください

edge://settings/content/javascript

許可(推奨)がオフになっています。

ユーザーはオンにすることができません

Twitterを確認

EdgeでJavaScriptで構築されたhttps://twitter.com/へアクセスすると、以下のように表示されTwitterの利用ができないようになっています。成功です。

JavaScriptを使用できません。

このブラウザではJavaScriptが無効になっています。引き続きtwitter.comを利用するため、JavaScriptを有効にするか、サポートされているブラウザに切り替えてください。サポートされているブラウザのリストについては、ヘルプセンターをご覧ください。

Google ChromeでJavaScriptを制御するには

似たような作業ですが、Google ChromeでJavaScriptを制御する場合は以下の記事をご参照ください。

コメント

コメントする

目次