Microsoft Edgeのグループポリシーが無い場合の解決方法

2021年10月4日

MicrosoftがInternet Explorer(IE)から手を引くことから、Microsoft Edgeの重要度が増してきました。Internet Explorer(IE)をグループポリシーで管理していたシステム管理者は今後Microsoft Edgeをグループポリシーで管理していく必要がありそうです。

   

Microsoft Edgeのグループポリシー無い!!

ところが、Microsoft Edgeのグループポリシーが無い場合あります。環境に依存していると思いますが、少なくともWindows Server 2019評価版にはデフォルトで含まれていませんでした。

Microsoft Edgeのグループポリシーを利用可能にする方法

Microsoft Edgeのグループポリシーを利用可能にするには、Windows 10 用の管理テンプレートをMicrosoftの公式サイトからダウンロードして、Active Directoryに登録する必要があります。以下の記事に丁寧に纏めましたので参考にしてください。

【GPO】Windows10 Creators Updateに対応した管理テンプレートをインストールする方法

Microsoft Edgeのグループポリシーが利用可能になったか確認

適用できたのか確認してみました。

以下の図は、Windows 10 用の管理テンプレートの適用前、適用後の比較です。Microsoft Edgeという項目が増えています。細かい画像ですが、クリックすると大きくなります。

これでMicrosoft Edgeも一元管理が可能となりました。

Chromium版edgeの場合

Chromium版edgeの場合はやり方が全く異なりますので、以下の記事をご参照ください。

Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ