ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

Microsoft Edgeのグループポリシーが無い場合の解決方法

MicrosoftがInternet Explorer(IE)から手を引くことから、Microsoft Edgeの重要度が増してきました。Internet Explorer(IE)をグループポリシーで管理していたシステム管理者は今後Microsoft Edgeをグループポリシーで管理していく必要がありそうです。

目次

Microsoft Edgeのグループポリシー無い!!

ところが、Microsoft Edgeのグループポリシーが無い場合あります。環境に依存していると思いますが、少なくともWindows Server 2019評価版にはデフォルトで含まれていませんでした。

Microsoft Edgeのグループポリシーを利用可能にする方法

Microsoft Edgeのグループポリシーを利用可能にするには、Windows 10 用の管理テンプレートをMicrosoftの公式サイトからダウンロードして、Active Directoryに登録する必要があります。以下の記事に丁寧に纏めましたので参考にしてください。

【GPO】Windows10 Creators Updateに対応した管理テンプレートをインストールする方法

Microsoft Edgeのグループポリシーが利用可能になったか確認

適用できたのか確認してみました。

以下の図は、Windows 10 用の管理テンプレートの適用前、適用後の比較です。Microsoft Edgeという項目が増えています。細かい画像ですが、クリックすると大きくなります。

これでMicrosoft Edgeも一元管理が可能となりました。

Chromium版edgeの場合

Chromium版edgeの場合はやり方が全く異なりますので、以下の記事をご参照ください。

Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次