EdgeでPDFを直接開かないようにする方法|「常にPDFファイルをダウンロード」を有効にする

Windowsに標準搭載されているブラウザ『Edge』を使っているとき、PDFファイルが自動的にEdgeで開いてしまうことに困っていませんか?そこで本記事では、Acrobat Readerや他のアプリでPDFを開く方法を学べます。この簡単な手順に従えば、EdgeでPDFが開かなくなり、お好みのアプリで快適にPDFを閲覧できるようになります。

目次

Edgeで直接PDFが開かれるとは?

まずは、EdgeブラウザでPDFファイルが自動的に開く状況を一緒に確認しましょう。この問題が起きるときは、たとえば、以下のようにウェブサイト上のPDFのダウンロードリンクをクリックすると、Edge上で直接PDFが表示されるというものです。この記事では、そういった状況に対処する方法を説明します。

EdgeでPDFを直接開かないようにする方法

Edgeで直接PDFが開かれないようにする具体的な設定を説明していきます。設定は2つあります。

設定1.[常にPDFファイルをダウンロード]を有効にする。

STEP
Edgeの[サイトのアクセス許可/PDFドキュメント]設定画面を開く

Edgeを立ち上げて、URLバーに以下URLを貼り付けます。

edge://settings/content/pdfDocuments
STEP
「常にPDFファイルをダウンロード」を有効

Edgeの設定画面上の「サイトのアクセス許可/PDFドキュメント」が表示されます。

「常にPDFファイルをダウンロード」を有効にします。

以前は「pdf ファイルを常に外部で開く」という表記でしたが、いつの間にか変更となってました。

これで一つ目の設定は終わりです。

設定2.PDFのデフォルトアプリをEdge以外にする

次に、PDFファイルを開く際のデフォルトのアプリをEdge以外に設定しましょう。たとえEdgeの設定で「常にPDFファイルをダウンロード」を有効にしていても、デフォルトアプリがEdge以外の場合はPDFがダウンロードされずに自動的に開いてしまいます。

以下の手順でデフォルトアプリをEdge以外にします。

STEP
PDFファイルのプロパティを開く

PDFファイルを右クリックして、プロパティを開きます。

STEP
PDFデフォルトアプリの確認

プログラムという項目を確認してください。Edge以外になっていれば何もする必要はありません。

Edgeとなっている場合は、「変更」ボタンを押下します。

STEP
Edge以外を選択

Edge以外を選択します。

今回は、Adobe Acrobat DCを選択することにします。

STEP
デフォルトアプリがEdge以外になっているか確認

これで、PDFのデフォルトアプリがAdobe Acrobat DCに変更されました。

EdgeでPDFが開かれないことを確認してみる

それでは、EdgeでPDFが開かれないことを確認してみます。PDFファイルのリンクをクリックするとEdgeで開かれないで以下のようにダウウンロードされるようになりました。リンクをクリックするとデフォルトアプリでPDFが開かれます。

Microsoft EdgeのPDFビューア機能のメリットとデメリット

Microsoft Edgeは、Windows 10以降のデフォルトのウェブブラウザであり、PDFビューア機能を内蔵しています。EdgeのPDFビューア機能のメリットとデメリットを紹介します。

メリット:

  1. 便利な統合機能:Microsoft EdgeはウェブブラウジングとPDF閲覧機能が統合されており、追加のソフトウェアをインストールすることなくPDFファイルを開くことができます。
  2. シンプルな操作性:EdgeのPDFビューアは、シンプルなインターフェースで、必要最低限の機能を提供しています。そのため、複雑な操作が苦手なユーザーでも簡単に利用できます。
  3. 無料で利用可能:Microsoft EdgeはWindows 10に標準で搭載されており、無料でPDFビューア機能を利用できます。
  4. 実は、EdgeのみでもPDF編集はできてしまいます!!具体的な編集内容は以下記事にまとめました。

デメリット:

  1. 機能が限定的:EdgeのPDFビューア機能は基本的なものに限られており、Adobe Acrobatなどの専用のPDFビューアに比べると機能が少ないです。例えば、フォームの入力や電子署名、PDFの編集などはEdgeでは対応していません。
  2. 複雑なPDFに対応しきれない場合がある:EdgeのPDFビューアは複雑なレイアウトや多数のリンクが含まれたPDFファイルに対して、表示が正しく行われないことがあります。専用のPDFビューアを利用することで、正確な表示が可能です。
  3. 性能の問題:一部のユーザーは、Edgeで大容量のPDFファイルを開く際にパフォーマンスが低下することを報告しています。これに対して、専用のPDFビューアは大容量ファイルでも高速に動作することが多いです。

これらのメリットとデメリットを踏まえ、自分のニーズに応じてEdgeのPDFビューア機能を利用するか、他のPDFビューアを選択するかを判断してください。シンプルなPDF閲覧がメインであればEdgeで十分ですが、編集や高度な機能が必要な場合は他のPDFビューアを検討することをお勧めします。

Edgeと他のPDFビューアの比較

Microsoft Edgeは、Windows 10以降のデフォルトのウェブブラウザであり、PDFビューア機能を内蔵しています。しかし、他にもAdobe AcrobatやFoxit Readerなど、多くのPDFビューアが存在します。この項目では、Edgeと主要なPDFビューアの機能や性能を比較して、あなたが最適なPDFビューアを選択できるようになることを目指します。

  1. Microsoft Edge:
  • メリット:無料で使用できる、ウェブブラウジングと統合されているため便利、シンプルな操作性。
  • デメリット:機能が限定的でPDF編集や電子署名などに対応していない、複雑なPDFファイルに対して表示が正しく行われないことがある、大容量のPDFファイルのパフォーマンスが低下することがある。
  1. Adobe Acrobat Reader:
  • メリット:業界標準のPDFビューアで高い互換性、高度な機能(フォーム入力や電子署名)、大容量のPDFファイルでも高速に動作。
  • デメリット:無料版では一部機能が制限されている、フル機能版(Adobe Acrobat Pro)が有料。
  1. Foxit Reader:
  • メリット:無料で使用できる、軽量で高速な動作、基本的な編集機能や注釈機能が利用可能。
  • デメリット:Adobe Acrobat Readerほどの高度な機能はない、インターフェースがやや複雑。

これらのPDFビューアのメリットとデメリットを考慮し、自分のニーズや好みに合ったものを選択しましょう。シンプルなPDF閲覧がメインであればMicrosoft Edgeで十分ですが、編集や高度な機能が必要な場合はAdobe Acrobat ReaderやFoxit Readerを検討してください。

PDFリンククリックしたら自動的にAcrobat Readerで開く方法

上記の方法だと確かに新EdgeでPDFが開かれずに外部のアプリで開けるようになりました。ただ、ダウンロード一覧から開くという手間が発生してしまいます。そこで、Acrobat Reader等の外部のアプリで開くかつpdfリンクをクリックした瞬間に表示される設定をおススメします。詳細は以下の記事をご参照ください。

Adobe Acrobat拡張機能を使ってPDFをEdgeで開く方法(おススメ)

Edge用のAdobe Acrobat拡張機能でPDFを閲覧する方法もあります。PDFの結合や並び替えWord形式への変換等が無料でブラウザ内だけで可能なのでおススメです。詳細は以下の記事をご参照ください

GPOで一括設定するには

グループポリシーで一括設定したい場合は以下の記事をご参照ください。

まとめ

この記事を通して、EdgeでPDFファイルが自動で開かれるのを防ぐための2つの簡単な設定方法を学びました。まず、Edgeの設定で「常にPDFファイルをダウンロード」する機能をオンにし、次に、PDFファイルを開くためのデフォルトアプリケーションをEdge以外のものに変更します。これらの手順を完了することで、PDFファイルをお好みのアプリで開き、Edgeの自動的なビューア機能による不便から解放されます。

created by Rinker
ジャストシステム
¥14,890 (2024/05/30 15:29:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次