共有プリンターを利用する場合、ドライバーのインストールって必要?(検証してみた)

共有プリンターを利用する場合にドライバーのインストールが必要になるのか検証してみました。結論としては、ドライバは必要ですが、手動でのインストールは不要です。共有プリンターを認識した時点でプリントサーバーから自動的にインストールされます。

ドライバーが必要なのか検証

検証は、プリンター(EPSON EP-881A)をプリントサーバー上に共有プリンターとしてインストールし、クライアントPCで利用するケースで行いました。

※ドライバの確認方法については、Windowsのプリンタードライバーの保存場所を調べる方法 をご確認ください。

下の図はクライアントPCのプリントサーバーのプロパティです。左が共有プリンターをアサインする前で右がアサイン後です。(EPSON EP-881A)のドライバーが自動的にインストールされました。共有プリンターをアサイン直後にプリントサーバーから適用されたわけです。

続いて、クライアントPCのプリンタードライバーの実態ファイルについても確認しました。存在しています。

クライアントPCのプログラムの一覧にも(EPSON EP-881A)が表示されています。

結論を絵で

結論としては、パソコン側にプリンタードライバーのインストールを手動する必要はありません。プリントサーバーから自動的にインストールされる仕組みになっています。

共有プリンターの便利な活用方法

筆者は共有プリンターをGPOで自動展開する方法をお勧めします。興味のある方は以下の記事をご参照ください。

GPOで共有プリンターをユーザー毎に割り当てる方法(ドライバのインストール祭りから卒業)

あなたにオススメの関連記事

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です