BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

非正規化によるデータ整合性保持のベストプラクティス in SQL

非正規化はデータベース設計でしばしば取り上げられるテーマですが、その適切な使用方法が理解されていない場合、データ整合性の問題が起きる可能性があります。この記事では、SQLを用いたデータベース設計における非正規化のベストプラクティスについて解説します。
目次

なぜ非正規化が必要なのか

非正規化が行われる主な理由は、クエリのパフォーマンスを向上させたり、特定のビジネスロジックを簡易に実装するためです。しかし、非正規化が不適切に行われると、データの重複や整合性の失敗が起き易くなります。

非正規化の利点

  • クエリパフォーマンスの向上
  • 複雑なビジネスロジックの簡易化
  • 非正規化のデメリット

  • データの重複
  • データ整合性のリスク
  • 非正規化のベストプラクティス

    非正規化を行う際に注意すべき点を以下にまとめます。

    ケース別非正規化のアプローチ

    ケース 非正規化のアプローチ
    レポーティング 集計テーブルを使用
    リアルタイムクエリ キャッシュ、またはマテリアライズドビューを使用
    多対多の関係 関連テーブルに冗長なデータを格納
    テーブル1: ケース別非正規化のアプローチ

    非正規化する前に確認するべきこと

  • パフォーマンスボトルネックが本当に存在するか
  • 非正規化によってもたらされるメリットとデメリット
  • データ整合性をどの程度保つことができるか
  • 非正規化後のデータ整合性の維持

    データの整合性を維持するためには、以下のようなテクニックが役立ちます。
  • トランザクションを使用する
  • 非正規化テーブルにトリガーを設定する
  • アプリケーションレベルで整合性チェックを行う
  • 実際の非正規化例

    ここでは、商品テーブルと注文テーブルが存在する仮定で、非正規化の一例を見ていきます。

    元のテーブル設計

    商品テーブル 注文テーブル
    ID, 商品名, 価格 ID, 商品ID, 数量, 金額
    テーブル2: 元のテーブル設計

    非正規化後のテーブル設計

    商品テーブル 注文テーブル
    ID, 商品名, 価格 ID, 商品ID, 商品名, 数量, 金額
    テーブル3: 非正規化後のテーブル設計
    — 非正規化後の注文テーブルにデータを挿入 INSERT INTO 注文 (商品ID, 商品名, 数量, 金額) SELECT 商品ID, 商品名, 数量, 価格 * 数量 FROM 商品 JOIN 注文 ON 商品.ID = 注文.商品ID;

    まとめ

    非正規化はパフォーマンスの向上や複雑なビジネスロジックの簡素化が見込める反面、データ整合性に問題が生じる可能性があります。この記事で述べたように、非正規化のアプローチは慎重に選ぶべきです。データの整合性をしっかりと保つための方法も存在するので、状況に応じて適切な非正規化戦略を採用しましょう。

    コメント

    コメントする