Mac OS Sierra で不採用となったDirect Modeを復活させる手順

MacOS SierraからDirect Modeが不採用となる悲しいアップデートがありました。詳しくは過去記事をご参照ください

http://ittrip.xyz/music/audio/mac-os-sierra-direct-mode

Audirvana Plus の愛好家にとっては非常に痛手だと思います。

復活させる方法は2つあります。

方法1:ダウングレードする

方法2:IOAudioFamily.kext を書き換える

どちらも結構めんどくさいので、ダウングレードするくらいならAudirvanaの公式HPにも記載がありましたが、方法2で復活させる事にしました。

Direct Mode を復活させる手順

1.SIPの無効化

バックアップから取得したIOAudioFamily.kextを現行のファイルと置き換えればDirect Modeが利用できるようになります。

しかしながら、SIPを無効化しないとできません。過去記事に無効化の方法を記載しています。簡単ですので挫けず無効化してみてください。

Mac OS SierraでSIPを無効にする方法(非常に簡単でした)

2.前OS のEl Capitan からIOAudioFamily.kextを取得

タイムマシンからEl Capitain 時代のIOAudioFamily.kextを取得します。

保存場所は、/System/Library/Extensions の配下にあります。

※もしバックアップがない場合は、空のHDDやSSDにEl Capitainをインストールして、「IOAudioFamily.kext」を取得してください。
または、難しいですが、下記サイトにあるような方法でも「IOAudioFamily.kext」を取得できるようです。サイトで公開してもよいと思ったのですが、著作権の関係で見送りました。考えてみれば、音源をアップするようなもんですもんね。
http://scrap.hateblo.jp/entry/2016/12/05/204029

Finderを開いて、EL Capitain時代のデータが入った日付のフォルダから下図のように移動して、IOAudioFamily.kextをデスクトップ等へ保存しましょう。

3.IOAudioFamily.kextを置き換える

さて、バックアップから取得した IOAudioFamily.kext を現行のものと置き換えます。

Finderを選択します。

次に、画面上の移動を選択し、「フォルダへ移動…」を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-11-55-11

フォルダの場所を入力:画面へ /System/Library/Extensions と入力してください。この方法でないとExtensionsフォルダを表示する事ができませんでした。(何故??)

(下画像はシステム/ライブラリと日本後になっていますが、自動変換されるだけですので、気にしないでください)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-13-13-41

移動ができたら、バックアップのものと置き換えます。(作成日付が他のファイルと違うことを確認してください)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-13-18-39

4.再起動

再起動をしてください。2時間くらいかかりました。 

パソコンが何か?をしているのでひたすら終わるのを待ってください。

黒画面で停止しているので、途中で電源ケーブルを抜きたくなりますが、我慢です。

訂正)PCによって変わるようです。私の環境では2時間かかりました。

終わればDirectModeが利用できるようになっています。

できなかった場合、IOAudioFamily.kextの破損の可能性があります。その場合は、OnyXというソフトを利用して権限の修復を行ってください。詳しく纏められているサイトがありましたので、下記をご参照ください。
http://tokyo.secret.jp/macs/access-pnyx-02.html

やっぱりDirectModeは音がクリアです。曇りが無い!!是非!!

緊急追記 10月27日

MacOSのアップデートでDirectModeが再び無効になりました。同じ手順でIOAudioFamily.kextを置き換えたら元にもどりましたが、毎回行うのが面倒くさい方は下のリンクを参考に自動アップデートを無効にしておく必要があります。(はい私です。)
ただし、2回目の置き換えによる再起動は5分程度で終わりました。(ホッ)   訂正)環境に依存する

Mac OS Sierra でOS自動アップデートを無効にする方法

 

追記:2017年6月9日

この記事を閲覧された方からの情報提供ですが、OS 10.12.5とAudirvana Plus 3の組み合わせで本記事の対応を実施してもDirectModeの利用はできないようですので、注意が必要です。
必要に応じて上記している自動バージョンアップを停止する対応を実施してください。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
   

24件のコメント

  1. ピンバック:Mac OS SierraでDirect Modeが使えなくなる悲劇 – IT trip

  2. 貴重な情報ありがとうございます。

    sierraにアップして、directmode使えず落胆していました。。。

    IOAudioFamily.kextのバックアップない場合は諦めるしかないんですかねぇ。。。

    • taca69さんコメントありがとうございました!!
      本当に落胆しますよね、私もかなり凹みました。
      色々と調べてみましたが、バックアップから戻す以外に方法はないようです。

  3. 貴重な情報を提供して頂きましてありがとうございます。

    27日に追記なさった内容について伺いたいのですが、
    復活した状態のままにしておきたければ、当面はOSのアップデートはしないでおいて、アップデートしない期間がある程度長くなれば適当なタイミングでアップデートを実行するといったような理解でよろしいでしょうか?

    • コメントありがとうございます。
      適当なタイミングでアップデートというのは、最も合理的であると思います。
      私は、楽観的にAppleがDirectModeをそのうち復活してくれるんじゃないかと思っていますので、それまではアップデートはしません。
      補足情報としては、初回にIOAudioFamily.kextを置き換えて再起動した時は2時間くらいかかったのですが、2回目に置き換えた後に再起動した時は5分くらいで完了となりました。

  4. ittrip様、出来ました!

    OnyX を使ってアクセス権の修復した後、再起動。
    これで無事、Direct Mode が復活しました。

    良い音って、良いですねッ!(泣)

    やはり公式のブログに明示されている通り、El Capitan (10.11.6) の IOAudioFamily.kext が必要である事。
    酒井さんやnekさんのコメントにもある様に、ただ置き換えただけでは認証エラーが発生してしまうので、これをOnyXなどを使って解決する事。
    この2点が肝の様です。

    ittrip様、有難うございました。
    また、コメントを書き込まれた皆さんにも感謝致します。
    参考になりました。

    ちなみにSIPの無効化については、自分もそのまま(無効)にしておくつもりです。
    セキュリティーに関する話しです、と言われると怖気付いてしまう方も多いと思いますが、これは無効にする事で、Library以下の扱いがYosemiteの頃までと同じ状態に戻るという事ですので。
    Macをブラックボックスからサンドボックスに引き戻す様なものだと思えば、自分はこちらの方を選びます。

    では改めて、お礼申し上げます。
    有難うございました!

  5. 貴重な情報を本当にありがとうございます。
    3.IOAudioFamily.kextを置き換える、の段階で以下のように表示されて過去ファイルとの置き換えができません。

    “IOAudioFamily.kext”はmacOSで必要なため、変更または削除できません

    OSはSierraの最新版(10.12.2)にアップデート済みです。
    何かもし対策がありましたら教えていただけませんでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

  6. すいません。
    もう一度ターミナルの作業からやり直したらうまくいきました。
    お騒がせして、申し訳ございません。。
    改めまして本当に貴重な情報をありがとうございました。

  7. ピンバック:Mac用音楽再生ソフト Audirvana Plus 3の設定 | 好きな音楽をいい音で

  8. ありがたい記事ありがとうございます。
    最新のOS Sierraでdirect modeが使用可能になりました。
    ただしご紹介されている手順ではできませんでした。
    以下が小生が成功した手順です。

    1 SIPの無効化
    2 TimeMachineでIOAudioFamily.kextを選択→復元を選択
    3 現OS環境に戻ったところでIOAudioFamily.kextを置き換え

    TimeMachineでは自動的にファイルを置き換える動きをしますので、最初にSIPの無効化をする必要がありました。

    • Anonymousさんコメントありががとうございました。
      SIPの無効化は最初にして全く問題ないですもんね。
      Anonymousの手順で更新させていただきます。

  9. こんばんは
    os10.12.3 Audirvana Plus 3.04にてdirect modeを使用して
    楽しんでいましたがos10.12.4では装置を認識してもらえません。
    拡張機能が使えない様です。
    何か情報がありましたらご教示お願い致します。

    • 記事にも書きましたが、バージョンアップをすると初期化されるので、同じ手順を繰り返す事になります。私の環境では更新させないよにしています。
      それとも、OS10.12.4では完全に無理になったということでしょうか。
      公式サイトにもその様な記載がないのでもう一度トライをしてください。
      うーんやはりダウングレードが幸せかもしれないですね、標準でDirectModeをサポートしているので。

  10. 音が変だ変だと感じながらも気にしないふりを続けてきましたが
    今日どうしても音が気になって設定を調べたら・・・・
    ショックであちこち探し回ってここにたどり着きました。
    自分は幸いにもメンテナンス用に「El Capitan」の外付け起動ディスクを常備していたので「IOAudioFamily.kext 」の入手は簡単でした。
    SIPの無効化もメニュー非表示のために書き換え済みでしたので
    簡単でしたが、OnyX を使ってアクセス権の修復は参考になり、無事「DirectMode」に復帰しました。
    大変参考になりました、ありがとうございます

    • わざわざコメントありあがとうございます。少しでもお役に立てて幸いです。
      OSのバージョンアップで初期化されるので注意が必要です。

  11. OS 10.12.5とAudirvana Plus 3の組み合わせでは、この方法が使えないようです。
    Direct Modeをオンにするとエラーは出ずに曲が表示されるのですが、再生が始まりません。

    Direct Modeが使えないとAudirvanaの魅力半減なので、High Sierraでは改善されていることを願います。

    • 貴重な情報ありがとうございます。
      もうOSのバージョンを落とすしかないですね。
      私はもううんざりなので、EL Captain で固定してオーディオ用のMACを仕立てています。

  12. 貴重な情報をありがとうございました。本当に助かりました。
    OS 10.12.5とAudirvana Plus 3.07でこの方法を試しましたが、私は上手く行きました。再生も問題ありません。当面OSはこのままでいこうと思います。
    取り急ぎ情報まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です