Hyper-Vでディスクドライブを追加する方法(Dドライブを追加したい場合)

本記事では、Hyper-V上に構築したWindowsOSにディスクドライブを追加する方法を解説します。

Hyper-Vの設定

ディスクドライブを追加したい仮想OSをシャットダウンします。

右クリックで設定画面を開きます。

ハードウェアを選択し、ハードディスクの追加項目から「SCSIコントローラー」を選択し、追加を押します。

SCSIコントローラーからハードドライブを選択します。

ハードドライブのコントローラーの右にある場所項目ですが、(使用中)が付いていない番号を選択します。

仮想ハードディスクの「新規」を選択します。

「仮想ハードディスクの新規作成ウィザード」が出てきます。次へ

「ディスクの種類の選択」は好みで選択してください、下の例では仮想のディスクドライブの利用量に応じて容量が変更になるように「容量可変」を選択しています。

「名前と場所の指定」も好みで名前を変更してください。後々判別が容易にできる名前が好ましいですね

「ディスクの構成」は物理ディスクに応じて設定をしてください

完了です。

以下のような表示になっていればOKです。

ディスクドライブの割り当て

仮想ディスクを割り当てていきます。要するにDドライブを作成します。
仮想マシンを起動して、左下のWindowsマークを右クリックして「ディスクの管理」を選択します。

「ディスク1」不明となっている場所を右クリックして「ディスクの初期化」を選択します。

「ディスクの初期化」はデフォルトでOKです。

ディスク1がオンラインになりました。未割り当てを右クリックして「新しいシンプルボリューム」をクリックしてください。

次へ

Dドライブのドライブサイズを指定してください。

「ドライブ文字またはパスの割り当て」はデフォルトでOKです。私の環境では既にDドライブが使われているので、Eドライブの表示になっています。

「パーティションのフォーマット」も初期表示のままでOKです。

完了です。

新しいドライブが作成されていました。

あなたにオススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です