MicrosoftのOfficeは高額です。しかしながら世の中うまくしたもので、Microsoft Officeと互換性があり無料で利用可能なOfficeが世の中にはあるのです。その代表格がOpenOfficeとLibreOfficeの2製品です。さて2製品あると迷うものです。そこで、2製品を比較検討してみました。

2製品のインストール方法

OpenOfficeとLibreOfficeのインストール方法は下記の記事を参考にしてください

無料のオフィス”Open Office” のインストール方法 | 高額なMS Officeからの脱却

【LibreOfficeのインストール手順】30秒で手順を簡単解説!!

インストーラーの比較

インストーラーの比較をしました。Libre Officeの方が容量が大きいですね、機能が豊富なのでしょうか。また、拡張子もmsi形式なのでWindowsユーザーにとってはありがたいですよね。

OpenOffice LibreOffice
容量 約131MB 約268MB
形式 exe形式 msi形式

表計算(Excel)の拡張子

表計算アプリの拡張子を比較してみました。対応拡張子が多ければ多いほど互換性の幅が広いということになります。特にExcelの場合はCSVで保存したりと何かと拡張子を変更して保存することが多いので良くチェックをしておくべきポイントです。

表計算アプリの保存時に拡張子を選択できますが、下図はそのドロップダウン一覧の比較です。結論から述べるとOpenOfficeの方が拡張子の数は多いんですが、.xlsxの拡張子がありません。すなわち.xlsxのファイルは開けないわけです。ちなみに、Excel 2007以降のExcelでは.xlsxがデフォルトになっていますので、最近作成されたExcelファイルの殆どが.xlsxとなっているのでOpen Officeで開く場合は、.xls形式に保存し直す必要があります。私はこの時点でLibre Officeを選定することにしました。

Open Officeの対応拡張子にxlsxがない!!

OpenOfficeで.xlsx形式のファイルが開けい

OpenOfficeで.xlsx形式のファイルを開こうとすると下図のようなフィルタの選択というポップアップが出てきます。

何を選択しても下図のエラーになります。

マイクロソフトOffice2013の対応拡張子

ちなみに下図はマイクロソフトOffice2013の対応している拡張子です。まあ流石に種類が多いですね。

表計算(Excel)のメニューアイコン

表計算アプリのアイコンを比較してみました。比較して分かったんですが、この2製品は作りが似ています。アイコンの配置がほぼ一緒なんですよね。

自分なりの結論としては、LibreOfficeの方がアイコンがでかくて使いやすかったです。存在感があるというか心地がいいというか。機能は使い方によってだとは思いますが、特段2製品ともに問題はないかと思いました。

ワープロ(Word)表の表示

Wordの表が正常に表示されるか検証してみました。総務省に置いてあるWord文章を各アプリで開いた結果が下図です。特段表示が崩れるようなことはなく、若干サイズが異なっていますが、許容範囲だと思います。原本がMicrosoft のWordで作成されている影響か、表示がMicrosoft のWordが最もキレイですね。

ワープロ(Word)の印刷

Microsoft Wordで作成された申請書を各アプリで開いて印刷してみました。これも原本がWordで作成されているのからか、Microsoft Wordで印刷されたものが最もキレイです。Libre Office とOpenOfficeは表示が似ています。やはり作りが似ている!一つ難癖をつけるとしたら、Open Officeで印刷したものは申請者欄の「ふりがな」が被ってしまっていて手直しが必要なところです。画像をクリックすると拡大されるので見てみてください

まとめ

比較項目が物凄いあるので都度更新をしていこうと思いますが、OpenOfficeとLibreOfficeとの勝負としては上記で検証した内容からLibreOfficeの方が良いという結論にいたりました。フリーウェアなのに良くできていますよMicrosoft Officeはもういらないかもです。

LibreOfficeを実際に導入することを想定して妥協すべき内容を下記の記事で紹介していますので宜しければ見てみてください。主にMicrosoft Officeと比較しています。

LibreOfficeを利用する上で妥協しなければならない点を徹底解説

【関連記事】

4件のフィードバック

  1. pmakino より:

    > …保存時に拡張子を選択できますが、OpenOfficeの方が….xlsxの拡張子がありません。すなわち.xlsxのファイルは開けないわけです

    とありますが、「保存できない」のでしょうか?「開けない」のでしょうか?両方なのでしょうか?
    いずれにしても論外だなとは思いますが…。

    • ittrip より:

      分かりにくい記載で申し訳ありません。
      保存は確実にできません。また開くことも私の環境ではできませんでした。
      フィルタの選択という謎の画面になって何を選択してもエラーになります。詳しくは記事を更新しましたのでご参考に
      やはりLibreOfficeなのかと思っています。

  1. 2018年8月10日

    […] […]

  2. 2018年8月14日

    […] 無料Officeの2強を徹底比較 OpenOffice vs LibreOffice | 本気でマイクロソフトから脱却する […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です