MicrosoftのOfficeの値段が高いので非営利団体が運用開発を行っていて無償提供されているLibreOfficeを検討しているといった話をよく聞きます。確かにLibreOfficeは良くできているフリーウェアで評価できるんですが、本家のOfficeとの互換性が完璧というわけではなく、妥協しなければならない点がある事を認識した上で検討をする必要があります。導入してからユーザからクレームが殺到するようにならないようにする必要があります。本記事ではMS Office との比較を行っています。

Wordでレイアウトが崩れる場合がある

LibreOffice で開くとレイアウトが崩れる場合があります。総務省のサイトにアップロードされているWordで作成された申請書で検証してみます。

「高周波利用設備申請書・届出書の添付書類」というwordで作成された申請書を確認します。

Microsoft Office で開いた場合

Libre Office で開いた場合

結論

マジカヨ!
同じファイルとは思えないほどレイアウトが崩れています。総務省が公開している申請書で全国民が利用する可能性があるにもかかわらずこの状態です。これでは仕事で利用できません。また、このWordファイルに限定した話ではなく、検証していく中で結構な確率でレイアウト崩れに遭遇しました。

解消策

安心してください、解消策はあります。
実はWord viewer といってMicrosoftが無償で提供している閲覧に特化したフリーウェアがあります。これを利用すればレイアウト崩れには対応できます。ただし、編集はできません

保存時に拡張子を配慮する必要がある

LibreOfficeのファイル拡張子

LibreOfficeでファイルを新規作成して保存する場合に、拡張子がデフォルトで以下のように表示されるようになっています。(MS Office で保存されたものをLibreOfficeで編集する場合は、MS Office の拡張子のままです。)

・LibreOffice Writer (Wordの代替) の場合、拡張子が .odt
・LibreOffice cal (Excelの代替) の場合、拡張子が .ods
・LibreOffice Impress (PowerPointの代替) の場合、拡張子が .odp

上記のファイルはMS Office でも開く事ができます。ただ、先方に送付する場合この拡張子だと「変なの送られてきた」となってしまいます。

LibreOfficeでMS Officeと同じ拡張子で保存する方法

LibreOfficeを新規作成で保存する場合、ファイルの種類からMS Officeの拡張子を選択すればOKです。

メニューとかの見た目が違う

Libre Office と MS Officeでは見た目が違っています。(同じだったら怖い)
もしLibre Officeに変更した場合は戸惑う事になるでしょう。(慣れれば一緒よ)

LibreOffice calのメニュー

タグでメニューが分かれるタイプでは無く全て表示されています。アイコンを見れば何ができるか予想はつきますよね。

Excel 2016のメニュー

タグ区切りになっています。さすが高いだけあって洗練されています。

サポートが受けられない

LibreOfficeが何らかの理由で利用できなくなった場合、問い合わせ先が無いので自力で解決する必要があります。MS Officeを利用しているのであれば、サポートを受け付けてくれるベンダーが多数ありますが、シェアの低いLiber Officeをサポートしてくれるベンダーというのはなかなか無いのが現状です。

Windows OSを利用している場合、MSが嫌がらせで利用できないような更新プログラムを配信してくる可能性も考えられます。(考えすぎ?)

まとめ

ようは慣れの問題かと個人的には思っています。確かにMS Officeと比較すれば色々でてきますが、無料ほどいいものはありません。

また、無料のOfficeにはOpen Officeというのもあります。下記の記事でLibreOfficeとOpenOfficeの比較をしていますので宜しければご覧ください。

無料Officeの2強を徹底比較 OpenOffice VS LibreOffice | 本気でマイクロソフトから脱却する

【関連記事】

1件の返信

  1. 2018年8月10日

    […] LibreOfficeを利用する上で妥協しなければならない点を徹底解説 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です