Windows起動時にアプリを強制実行させる3つの方法とそれぞれの利点

Windows起動時にアプリを強制実行させる方法を3つ紹介します。3つもあるのでITスキルや利用環境に応じて最適な方法を選択してください

スタートアップに登録する方法

最も無難な方法かなと思います。アプリをスタートアップに登録してWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、ドラック&ドロップで簡単にアプリをスタートアップに登録でき、削除も簡単である点です。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(スタートアップ登録編)

タスクスケジューラに登録する方法

タスクスケジューラにアプリを登録することでWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、タイミングを起動時以外でも設定する事が可能な点です。例えば日曜日の12時にアプリを起動させるようなことことも可能です。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(タスク スケジューラ編)

レジストリを編集する方法

レジストリを編集することでWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、複数の端末に展開したい場合にバッチやグループポリシーで一括で編集できる点です。それなりのITスキルは必須になります。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(レジストリ編)

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。