Windows起動時にアプリを強制実行させる3つの方法とそれぞれの利点

Windows起動時にアプリを強制実行させる方法を3つ紹介します。3つもあるのでITスキルや利用環境に応じて最適な方法を選択してください

スタートアップに登録する方法

最も無難な方法かなと思います。アプリをスタートアップに登録してWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、ドラック&ドロップで簡単にアプリをスタートアップに登録でき、削除も簡単である点です。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(スタートアップ登録編)

タスクスケジューラに登録する方法

タスクスケジューラにアプリを登録することでWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、タイミングを起動時以外でも設定する事が可能な点です。例えば日曜日の12時にアプリを起動させるようなことことも可能です。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(タスク スケジューラ編)

レジストリを編集する方法

レジストリを編集することでWindows起動時にアプリを起動するように設定します。利点としては、複数の端末に展開したい場合にバッチやグループポリシーで一括で編集できる点です。それなりのITスキルは必須になります。以下の記事でやり方を解説しているのでご参照ください

Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(レジストリ編)

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ