Windows起動時にアプリを自動実行させる方法(レジストリ編)

レジストリ編集によって任意のアプリをWindowsの起動時に強制的に実行させることが可能です。本記事では、レジストリの編集によりアプリを自動実行させる方法を具体的に解説します。

レジストリ エディターを開く

「Windowsキー」+「Rキー」 でファイル名を指定して実行を開く

名前に regedit を入力して OK

レジストリの編集

レジストリエディターが開いたら、メニューの下にあるバーに以下文字列を入力して「エンターキー」を押下してください

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

右クリック ⇒ 新規 ⇒ 文字列値 を選択してください

Windows起動時に強制起動させるアプリを名前に入力してください(以下の例では、Chromeを入力しています。)

「値のデータ」に起動したいアプリのフルパスを入力して「OK」を押下してください

以下のうように登録されていれば成功です。PCを再起動してアプリが自動実行されるのか試してみましょう。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法