Windows11用の更新プログラムが配信可能かWSUSを確認しておこう

PCをWindows11にリプレースしたらWSUSの設定を確認してWindows11用の更新プログラムが配信されることを確認しておきましょう。

WSUSで同期が出来ているか確認

そもそもWSUSが最新の更新プログラムを取得しているか確認しておきましょう。WSUSを確認するタイミングがあまり無いのでこの機会に確認をしておきましょう。

Windows Server Update Servicesを開きます。同期メニューを選択すると同期した日時を確認することが可能です。最新の日付で「成功」となっていれば問題ありません。

製品と分類でWindows11が選択されているか

続いて、製品と分類でWindows11が選択されているか確認してみましょう。

オプションメニューを選択して「製品と分類」を選択します。

製品タブで選択された製品の更新プログラムのみ配信されることになっています。ということはWindows11にチェックが入っていないとWindows11用の更新プログラムの提供を受けることができないということです。

Windows項目にあるWindows11にチェックが入っていることを確認してください。私の環境ではチェックが最初から入っていました。Windows10をチェックしている場合は自動的にWindows11にもチェックが入るものと思われます。

とりあえず確認ができて安心しました。