ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

マイナポイントをゲットするためにマイキーIDを早急に取得すべき理由

消費活性化策の一環で2020年9月から実質5,000円分のマイナポイントが国からバラまかれます。

(20,000円キャッシュレス決済サービスでチャージしたら、5,000円分のマイナポイントが付与される。5,000円儲かる)

ただし、マイナポイント確実に取得するためには、何点か注意事項がありますので押さえておきましょう。待っていて貰えるものではありません。

目次

マイナポイントとマイキーIDの整理

とにかく国のやることは分かり難いです。マイナポイント?マイキーID?って方は、以下の記事で超要約しているのでご参照ください。

「マイキーID」とか「マイナポイント」って何? ⇒ 3分で解説しちゃる

2020年8月までにマイキーIDを取得する必要がある

以下は自治体向けの国からの資料ですが、「事業開始まで(~8/31)に、マイナポイントの予約をした者が、マイナポイントの申し込みをすることにより、マイナポイントを取得」と書かれています。※マイナポイントの予約=マイキーIDの設定

要するに、2020年8月までにマイキーIDを取得する必要があります。

国の予算が無くなり次第終了

上記の資料に以下の記載があります。

「マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合(こは、マイナポイントの予約を締め切る可能性がある」

要するに、予算の上限に達したらマイナポイントの予約は打ち切りです。

まとめ

とにかくマイナポイントが欲しい方は、今すぐにマイナンバーカードを取得(時間がかかる)してマイキーIDを取得しておきましょう。予算の上限に達して、打ち切られるからです。取得方法は以下の記事をご参照ください。

マイキーIDの取得方法(家族分のIDを取得してマイナポイントをゲットして稼ぐ!)

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

筆者もやってます!副業してインフレ対策するならクラウドリンクスに登録

コメント

コメントする

目次