優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトで自動ファイルバックアップを設定する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを利用して、ファイルのバックアップを定期的に自動で作成する方法について詳しく解説します。具体的なコード例やその詳細、そして応用例を含めてご紹介いたします。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

はじめに:自動バックアップの重要性

データの紛失は、個人や企業にとって非常に大きなダメージをもたらすことがあります。自動バックアップは、そのリスクを軽減するための有効な手段の1つです。特に、頻繁に更新される重要なデータがある場合、定期的なバックアップが欠かせません。

基本的なバックアップのコマンド

まず、基本的なバックアップのコマンドについて説明します。

@echo off
REM 日付と時刻を取得
set DATE=%date:~0,10%
set TIME=%time:~0,8%
set TIME=%TIME::=-%
REM バックアップ先のディレクトリを作成
mkdir C:\backup\%DATE%_%TIME%
REM ファイルのコピー
xcopy C:\source\* C:\backup\%DATE%_%TIME% /E /I

このコードは、`C:\source\` ディレクトリの内容を `C:\backup\` 下の日付と時刻を示すディレクトリにコピーします。`/E` オプションはサブディレクトリも含めてコピーしますし、`/I` オプションは新しいディレクトリを作成します。

タスクスケジューラを使った自動バックアップ

手動でバックアップを取るのも良いですが、Windowsのタスクスケジューラを利用すると、この作業を自動化することができます。

1. タスクスケジューラを開きます。
2. 左側のパネルで「タスクの作成」を選択します。
3. 各タブで適切な設定を行い、先ほど作成したバッチファイルを指定します。

これで、指定した日時に自動でバックアップが取られるようになります。

応用例

1. バックアップ先のディスクを指定

外部のHDDやNASをバックアップ先として指定することも可能です。

REM バックアップ先のディレクトリを作成
mkdir H:\backup\%DATE%_%TIME%
REM ファイルのコピー
xcopy C:\source\* H:\backup\%DATE%_%TIME% /E /I

2. 特定の拡張子のみをバックアップ

`.txt`や`.docx`など、特定のファイル形式だけをバックアップすることもできます。

REM .txtファイルのみをコピー
xcopy C:\source\*.txt C:\backup\%DATE%_%TIME% /E /I

3. オールドファイルの削除

古いバックアップを自動で削除して、ストレージの無駄を減らすことも考えられます。

REM 30日以上古いバックアップを削除
forfiles /p C:\backup /s /d -30 /c "cmd /c del @path"

4. ログの生成

バックアップの状態をログとして保存することも可能です。

xcopy C:\source\* C:\backup\%DATE%_%TIME% /E /I /F > C:\backup\backup_log.txt

まとめ

コマンドプロンプトを使用して、Windows上で簡単にファイルのバックアップを自動化することができます。この知識を活かして、データの安全性を高めることをおすすめします。

コメント

コメントする

目次