優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトでファイルの変更日時を一括変更する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用して、ファイルの変更日時を一括で変更する方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらには応用例を含めて解説していきます。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本の変更方法

ファイルの変更日時を一括で変更する際には、`PowerShell`のコマンドを使用します。以下は基本的なコードです。

# すべてのファイルの変更日時を2023年9月19日12時0分0秒に設定
Get-ChildItem -Path "C:\path\to\your\directory" | ForEach-Object { $_.LastWriteTime = '2023-09-19 12:00:00' }

このコードでは、指定したディレクトリ内のすべてのファイルの変更日時を2023年9月19日12時0分0秒に一括変更します。

コードの詳細解説

– `Get-ChildItem -Path “C:\path\to\your\directory”`: 指定したディレクトリ内のすべてのファイルとフォルダを取得します。
– `ForEach-Object`: 取得した各ファイルやフォルダに対して、後続の処理を適用します。
– `$_.LastWriteTime = ‘2023-09-19 12:00:00’`: ファイルの変更日時を指定した日時に変更します。

応用例

応用例1: 特定の拡張子のファイルのみ変更

特定の拡張子を持つファイルだけを対象に変更日時を変更したい場合、以下のコードを使用できます。

# .txtファイルの変更日時を変更
Get-ChildItem -Path "C:\path\to\your\directory" -Filter "*.txt" | ForEach-Object { $_.LastWriteTime = '2023-09-19 12:00:00' }

応用例2: サブディレクトリを含むすべてのファイルの変更

サブディレクトリ内のファイルも含めて変更日時を変更する場合のコードは以下の通りです。

# サブディレクトリを含むすべてのファイルの変更日時を変更
Get-ChildItem -Path "C:\path\to\your\directory" -Recurse | ForEach-Object { $_.LastWriteTime = '2023-09-19 12:00:00' }

応用例3: 作成日時の変更

ファイルの作成日時を変更したい場合は、以下のようにコードを変更できます。

# すべてのファイルの作成日時を変更
Get-ChildItem -Path "C:\path\to\your\directory" | ForEach-Object { $_.CreationTime = '2023-09-19 12:00:00' }

応用例4: アクセス日時の変更

最後にアクセスされた日時を変更する場合は、以下の方法を使用します。

# すべてのファイルのアクセス日時を変更
Get-ChildItem -Path "C:\path\to\your\directory" | ForEach-Object { $_.LastAccessTime = '2023-09-19 12:00:00' }

まとめ

Windowsのコマンドプロンプトを活用することで、ファイルの日時情報を容易に一括変更することが可能です。この記事で紹介した方法や応用例を参考に、日々の業務や管理作業を効率的に行ってください。

コメント

コメントする

目次