優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトでフォルダのサイズを確認する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用してフォルダのサイズを確認する方法について詳しく解説します。具体的なコード例やその解説、応用例を含めて説明します。コマンドプロンプトの基本的な操作から応用的な使用方法まで、一通りの情報を網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なフォルダサイズの確認方法

通常、フォルダのサイズを確認する場合、エクスプローラのプロパティ画面を利用しますが、コマンドプロンプトを使用することで、より簡単に情報を取得することが可能です。

for /r %i in (.) do @echo %~si %i

このコードは、指定したフォルダ内のサブフォルダを含むすべてのフォルダのサイズをバイト単位で表示します。

コードの詳細解説

「for」コマンドは、ループ処理を実行するためのコマンドです。上記のコードでは、/rオプションを使用して、指定したディレクトリ内のすべてのサブディレクトリを再帰的に処理します。

「%i」は、forコマンドのループ変数として使用され、各ディレクトリのパスが代入されます。また、%~siは、ループ変数%iのサイズを示す特殊な変数です。

応用例

1.特定のフォルダのみのサイズを取得

for /r "C:\example" %i in (.) do @echo %~si %i

このコードは、”C:\example” フォルダ内のサブフォルダを含むすべてのフォルダのサイズをバイト単位で表示します。

2.結果をテキストファイルに保存

for /r %i in (.) do @echo %~si %i > folder_sizes.txt

このコードは、結果を「folder_sizes.txt」という名前のテキストファイルに保存します。

3.特定のサイズ以上のフォルダを表示

以下のコードは、サイズが1MB以上のフォルダだけを表示します。

for /r %i in (.) do @if %~si gtr 1048576 echo %~si %i

4.結果をCSV形式で出力

for /r %i in (.) do @echo %~si, %i > folder_sizes.csv

まとめ

Windowsのコマンドプロンプトを使用することで、フォルダのサイズを効率的に確認することができます。上記の基本的なコマンドから応用例まで、さまざまなケースでの利用方法を学べました。これを機に、コマンドプロンプトの活用を深めて、日常の作業を効率化してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次