優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Windowsコマンドプロンプトでデバイスドライバのエラーコードを解読する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを用いてデバイスドライバのエラーコードを解読する方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらに応用例を含めて深く掘り下げていきます。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

デバイスドライバのエラーコードとは

デバイスドライバは、オペレーティングシステムとハードウェアデバイスとの間のインターフェースとして動作するソフトウェアです。時折、これらのドライバには問題が発生することがあり、その結果としてエラーコードが生成されます。エラーコードを解読することで、具体的な問題や対処方法を特定する手助けとなります。

コマンドプロンプトを使ったエラーコードの取得方法

WMICコマンドを使用して、デバイスドライバの情報を取得できます。

wmic path win32_pnpsigneddriver get DeviceID, DeviceName, StatusCode

このコマンドにより、接続されているデバイスのID、デバイス名、およびステータスコード(エラーコード)を取得できます。

StatusCodeの解読

StatusCodeは、デバイスの現在の状態を示す数値です。主要なエラーコードの意味は以下の通りです。

  • 1:デバイスは動作しています。
  • 2:デバイスは動作していません。
  • 3:デバイスのドライバが不足しています。
  • … 以降、他の数値によるエラー状態

応用例

特定のデバイスのステータスコードのみを取得

特定のデバイス、例えばデバイスIDが”USB\\VID_1234&PID_5678″のデバイスのステータスコードだけを取得したい場合、次のコマンドを使用します。

wmic path win32_pnpsigneddriver where "DeviceID like '%USB\\VID_1234&PID_5678%'" get StatusCode

ドライバが不足しているデバイスの一覧を取得

ドライバが不足しているデバイスのみを特定するためのコマンドは以下の通りです。

wmic path win32_pnpsigneddriver where "StatusCode=3" get DeviceID, DeviceName

特定のエラーコードを持つデバイスの詳細情報を取得

例として、エラーコード2(デバイスが動作していない)のデバイスの詳細情報を取得するには、次のコマンドを実行します。

wmic path win32_pnpsigneddriver where "StatusCode=2" get *

全デバイスのドライババージョンを取得

すべてのデバイスのドライババージョンを一覧表示するためのコマンドは以下の通りです。

wmic path win32_pnpsigneddriver get DeviceID, DeviceName, DriverVersion

まとめ

コマンドプロンプトを使って、デバイスドライバのエラーコードを効率的に解読する方法を学びました。これを機に、コマンドプロンプトを使ってより高度なシステム管理を行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次