優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

Windowsコマンドプロンプトでログオン・ログオフ時の自動タスク実行方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを使用して、ユーザーのログオン・ログオフのタイミングで特定のコマンドを実行する方法について解説します。具体的なコード例やその解説、応用例を通じて、日常の作業を効率化する方法を学ぶことができます。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なコマンドの作成

echo ユーザーがログオンしました > C:\log\user_log.txt

上のコードは、ユーザーがログオンした際に”C:\log\user_log.txt”というテキストファイルに「ユーザーがログオンしました」というメッセージを書き込むものです。

タスクスケジューラを使用したトリガーの設定

Windowsのタスクスケジューラを使用して、ログオンやログオフのタイミングで上記のコマンドを実行します。

タスクの作成

1. タスクスケジューラを開く
2. 左側のペインで「タスクの作成」をクリック
3. タスクの名前を設定(例:LogonTask)
4. トリガータブを選択し、「新規」をクリック
5. 開始タスクを「ログオン時」に設定
6. アクションタブを選択し、「新規」をクリック
7. アクションを「プログラムの開始」に設定
8. プログラム/スクリプト欄に「cmd.exe」を入力
9. 追加の引数に「/c [先ほどのコマンド]」を入力
10. 「OK」をクリックしてタスクを保存

応用例

1. ログオン時に特定のアプリケーションを起動する

start "" "C:\path\to\your\application.exe"

ユーザーがログオンした際に、指定したアプリケーションを自動で起動します。

2. ログオフ時に一時ファイルを削除する

del C:\path\to\temp\*.* /Q

ユーザーがログオフした際に、指定したディレクトリ内の一時ファイルを削除します。

3. ログオン時に最新のニュースをブラウザで表示

start "" "https://news.google.com"

ログオン時に、Googleニュースのページを自動で表示します。

4. ログオフ時にディスクのクリーンアップを実行

cleanmgr /sagerun:1

ログオフ時に、ディスククリーンアップツールを自動で実行します。

まとめ

コマンドプロンプトとタスクスケジューラを組み合わせることで、様々な自動化タスクを実現することができます。これらの方法を活用して、毎日の作業をより効率的に行いましょう。

コメント

コメントする

目次