BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

Windowsコマンドプロンプトで特定の拡張子のファイルを移動する方法

この記事では、Windowsのコマンドプロンプトを利用して、特定の拡張子を持つファイルを新しいフォルダに移動する方法について解説します。実際のコード例とその詳細な解説、さらに4つの応用例を通じて、コマンドプロンプトの強力な機能を紹介します。

目次

コマンドプロンプトとは?

コマンドプロンプトは、Windowsオペレーティングシステムにおいて、ユーザーがコンピュータにテキストベースの「コマンド」を入力して直接操作するためのインターフェースです。このコマンドは、特定の操作を行うための指示や命令をコンピュータに伝えるもので、ファイルの操作、システム設定の変更、ネットワークの管理など、様々なタスクを実行することが可能です。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の前身として、初期のコンピュータシステムで主に使用されていましたが、今日でも多くの専門家や上級ユーザーが高度なタスクを効率的に実行するためにコマンドプロンプトを使用しています。

基本的なコードの紹介

@echo off
REM 全ての.txtファイルを"MyDocuments"という新しいフォルダに移動する
mkdir MyDocuments
move *.txt MyDocuments\

コードの解説

このコードは以下のような手順を実行します。

1. `@echo off`は、コマンドを実行する際の出力を表示しないようにします。
2. `REM`はコメントを追加するためのコマンドで、この行は実際の処理には影響しません。
3. `mkdir MyDocuments`で”MyDocuments”という新しいフォルダを作成します。
4. `move *.txt MyDocuments\`で、全ての.txtファイルを新しく作成した”MyDocuments”フォルダに移動します。

応用例

応用例1: 拡張子による複数のフォルダへの振り分け

@echo off
mkdir Images Documents Audios
move *.jpg Images\
move *.docx Documents\
move *.mp3 Audios\

こちらのコードでは、画像、文書、音声ファイルをそれぞれ異なるフォルダに振り分けます。

応用例2: サブフォルダを含む全てのファイルを移動

@echo off
mkdir Backup
move /s *.* Backup\

`/s`オプションを使うことで、サブフォルダ内のファイルも含めて移動ができます。

応用例3: ファイルの名前に基づく振り分け

@echo off
mkdir Work Personal
move Work*.* Work\
move Personal*.* Personal\

このコードは”Work”や”Personal”で始まるファイル名に基づいてファイルを振り分けます。

応用例4: 確認メッセージを表示

@echo off
mkdir ConfirmFolder
echo 本当に移動してもよろしいですか?(Y/N)
set /p choice=
if "%choice%"=="Y" move *.txt ConfirmFolder\

このコードはユーザーに移動前の確認メッセージを表示し、Yが入力された場合のみ移動を実行します。

まとめ

コマンドプロンプトは、ファイルの操作を効率的に行うための強力なツールです。この記事を通じて、基本的な移動コマンドから応用テクニックまでを学ぶことができました。これを機に、コマンドプロンプトを使って日常のタスクを効率化してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントする

目次