「ハイレゾ音源」と「CD音源」を視覚的に比較してみた!!

ハイレゾ音源とCD音源と比較すると、環境が整えば確かにハイレゾ音源の方が音質はいいと断言できます。

   

ただ、時々「思い込み」じゃないのかと思うわけです。いわゆるプラシボー効果というやつで、お腹が痛くて辛いといっている人にビタミン剤を最高の薬として処方すると治ってしまうという現象と同じではないかと。

聞いて比較する事は散々やりましたので、波形を用いて視覚的に比較することにしました。

比較する音源は、Rafal Blechacz のPolonaiseです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-8-32-33

ハイレゾ (96.0kHz/24Bit) とCD音質(44.1kHz/16Bit) の音源で比較します。

波形を読み込むソフトとしてAbleton Liveを使用します。

 

波形での音源比較

上がCD音源の波形で下がハイレゾ音源の波形です。それぞれ2本波形があるのは左右の波形です。

倍率を上げてみます。同じに見えます。。。

さらに倍率を上げてみます。同じに見えます。

さらに倍率を上げてみます。若干上のCD音源の方が荒くなっています。ハイレゾは滑らか

さらに倍率を上げてみます。決定的に違いますね、CD音源は段差ができています。ギザギザしている

MAXまで倍率を上げます。完璧に違います。CD音源は荒い

 

比較して思ったこと

確かにCD音源と比較すれば、ハイレゾは優秀です。

ただ、ハイレゾでもひたすら拡大していけば波形に段差が現れます。

アナログは完全にこの段差がないわけで、アナログの心地よさっていうのはここら辺からくるのではと思いました。

PCオーディオ環境においてもDSD等でアナログと同様の再生が可能なので、機材をそろえて試してみたいです。

 

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ