Hyper-Vのデータ容量を削減する最速手順|Mount-VHDコマンドの使い方

2022年5月20日

Hyper-Vを利用していると、ホスト側から確認する容量が増加してトラブルに繋がることが多々あります。本記事では、最速でゲストOSのデータ容量を削減する方法を解説します。

ゲストOSで「システムファイルのクリーンアップ」をする

まずはゲストOSでシステムドライブに対して「システムファイルのクリーンアップ」を実行します。Windowsのアップデートの後にバックアップとして残ってしまうので削除する必要があります。

ドライブを右クリックして、プロパティを選択します。

「ディスクのクリーンアップ」を選択します。

「システムファイルのクリーンアップ」を選択します。

可能な限り削除するファイルを選択して、Okをクリックします。

ホストOSで仮想イメージを最適化する

先ほどのシステムファイルのクリーンアップをしても、ホストOS側からするとデータ容量は削除されていません。そこで以下の最適化の対応が必要となります。

Hyper-Vでは、仮想イメージは以下のようにvhdxファイルとしてホストOSに保存されています。コマンドで利用するのでこのパスを取得しておきます。(シフト押しながら右クリックすると「パスのコピー」ができます。)

ホストOSでPowerShellを管理者で実行ます。

仮想イメージのマウント

以下のコマンドを打ち込みます。(C:\Users~ となっているところはご自身の環境に合わせてください)

仮想イメージの最適化(圧縮)

以下のコマンドを打ち込みます。(C:\Users~ となっているところはご自身の環境に合わせてください)

仮想イメージのマウント解除

以下のコマンドを打ち込みます。(C:\Users~ となっているところはご自身の環境に合わせてください)

削減されたか確認

さてさて確認をしてみます。ほぼ利用していないゲストOSにも関わらず4GBも削減されていました。定期的に実行してホストOSを常にスリムな状態にしてトラブルを未然に防ぎましょう。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ

会社のパソコンかつ業務時間中により回答できないという方は、以下QRコードでレビューの説明記事のリンクをスマホに飛ばしておきましょう。レビューの手順と確実にゲットするための注意事項等を纏めてあります。

ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法
ITトレンドにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分を1時間で誰でも簡単にゲットする方法