パワーポイントの画面操作を録画する機能の使い方|手順書とか時間の無駄すぎるよ

パワーポイントの画面操作動画撮影機能を解説します。一般的に存在感が無い機能ですが、使いこなすと業務効率が向上します。私は手順書の作成はやめて動画に切り替えました。動画の方が早いし、精度が高いです。なお動画撮影機能は、PowerPoint 2016以降のバージョン、またはPowerPoint 2013 で2015 年 2月 16日の更新プログラムが適用済である場合に利用可能です。

パワーポイントで画面操作動画を撮影する

パワーポイントの 挿入タブ > メディア から「画面録画」を選択してください。

以下の画面が出てくるので、「領域の選択」を選択してください。録画する範囲を指定します。

下図ではエクセルの画面を選択しました。勿論画面全体であっても問題ありません。

領域が確定したら、録画ボタンを選択します。画面操作動画に音声を含めたい場合は、「オーディオマーク」を選択、カーソルを含めたい場合は「ポインターの録画」を選択してください。

録画が終わると、パワーポイントのスライド上に動画が表示されます。再生ボタンを押下すると、動画の再生が始まります。

実際の動画です。エクセルでピボットのやり方を説明しています。一瞬ですよ。手順書にしたら相当時間かかります。

画面操作動画の編集

実は画面操作動画の編集も可能なんです。

動画を右クリックして、「トリム」を選択すると動画の尺の編集が可能です。

「メディアに名前を付けて保存」を選択するとファイルをmp4形式で保存することができます。上方で載せた動画はこの機能でmp4化しています。

「配置とサイズ」では、動画の高さや幅や比率の調整ができます。

「ビデオの設定」では、動画の高度やコントラスト等を指定できます。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。