優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

PowerShellでレジストリからスタートアップに登録されている不審なアプリケーションを探す方法

この記事では、WindowsのレジストリをPowerShellを使用して調査し、スタートアップに登録されている不審なアプリケーションを特定する方法を詳しく解説します。不審なアプリケーションがスタートアップに登録されていると、セキュリティリスクが高まる可能性があるため、定期的なチェックが必要です。

目次

前提条件と必要な知識

  • Windows OSが動作している環境
  • PowerShellがインストールされている
  • レジストリに基本的な理解(オプション)

基本的なコマンドと概念

Get-Item

このコマンドは、レジストリなどの各種データを取得するために使用されます。

# レジストリの特定のパスを取得
Get-Item -Path 'HKLM:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run'

スクリプトの作成

スタートアップに登録されているアプリケーションをチェック

以下は、スタートアップに登録されているアプリケーションを一覧表示するスクリプトです。

# スタートアップのレジストリパスを指定
$path = 'HKLM:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run'

# レジストリの内容を取得
$registryItems = Get-Item -Path $path

# 各項目をループでチェック
foreach ($item in $registryItems.Property) {
    $value = $registryItems.GetValue($item)
    Write-Host "$item : $value"
    # 日本語のコメント:ここで各アプリケーションの情報を表示しています。
}

コードの説明

  • $path:調査するレジストリのパスを指定しています。
  • Get-Item:指定したパスのレジストリ情報を取得します。
  • foreach:取得したレジストリ項目を一つ一つ確認します。

補足と応用例

ホワイトリストを用いたフィルタリング

疑わしいアプリケーションを特定するためには、既知の安全なアプリケーション(ホワイトリスト)と比較する方法も有効です。

自動報告の実装

このスクリプトをタスクスケジューラに登録し、一定期間ごとに自動で実行、結果を報告するように設定することも可能です。

まとめ

PowerShellを使って、スタートアップに登録されている不審なアプリケーションを簡単に特定できます。ホワイトリストや自動報告機能を追加することで、さらに効率的なセキュリティ対策が可能になります。

コメント

コメントする

目次