凄いシンプルなSQL Server 2016及び2017のコアベースライセンスの計算ツールを作成しましたのでご活用ください。計算のポイントは以下3点です。

1.1コア=1ライセンス
2.最低でも1CPUで4ライセンス必要(1コアCPUでも4ライセンス分必要)
3.注文は2ライセンスで1単位となっている(4ライセンスなら注文数は2)

SQL Server 2016 コアベースライセンスの計算

【関連記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です