BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

大量のデータを効率的にSQLデータベースにインポートするテクニック

SQLデータベースへの大量のデータインポートは、しばしばパフォーマンスのボトルネックになり得ます。特に企業環境で大規模なデータを取り扱う際、効率的なインポートが求められます。本記事では、そのようなケースで役立ついくつかのテクニックを紹介します。

目次

バルクインサートの活用

単純なINSERT文をループで回してデータを挿入する方法は、非効率的です。代わりに、バルクインサート(一括挿入)を使用することで、大量のデータを高速にデータベースに挿入することができます。

通常のINSERTとバルクインサートの違い

通常のINSERTバルクインサート
1レコードごとにクエリを実行複数レコードを一度に挿入
トランザクションが多いトランザクションが少ない
通常のINSERTとバルクインサートの比較

バルクインサートの例

-- SQL Serverの例
INSERT INTO テーブル名 (列1, 列2, 列3)
VALUES (値1, 値2, 値3),
       (値4, 値5, 値6),
       (値7, 値8, 値9);

インデックスと制約を一時的に無効にする

大量のデータをインポートする前に、インデックスや外部キー制約を一時的に無効にすることで、パフォーマンスを向上させることが可能です。

操作手順

  • インデックスをDROPする
  • データをインポートする
  • 再度、インデックスをCREATEする

パーティショニングを活用する

テーブルのパーティショニングは、特定の条件でデータを分割し、クエリのパフォーマンスを向上させるテクニックです。

パーティショニングの種類

範囲パーティショニングリストパーティショニングハッシュパーティショニング
数値範囲で分割特定の値で分割ハッシュ関数で分割
パーティショニングの種類

パーティショニングの活用例

-- Oracleの例
CREATE TABLE テーブル名 (
  列1 型1,
  列2 型2,
  列3 型3
)
PARTITION BY RANGE (列1) (
  PARTITION p1 VALUES LESS THAN (値1),
  PARTITION p2 VALUES LESS THAN (値2)
);

まとめ

大量のデータを効率的にデータベースにインポートするためには、バルクインサート、インデックスと制約の一時的な無効化、そしてテーブルのパーティショニングが有効です。これらのテクニックを適切に組み合わせることで、より高速なデータインポートが可能になります。

コメント

コメントする

目次