優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLにおけるフルリストアとパーシャルリストアの違いと選び方

この記事では、データベース管理において非常に重要な「リストア」について詳しく解説します。特に、SQLデータベースにおける「フルリストア」と「パーシャルリストア」の違いと、それぞれの選び方のポイントに焦点を当てます。

目次

はじめに:リストアとは

リストアとは、データベースのバックアップから元の状態や指定した状態に復元する行為です。破損やデータ喪失が起きた際に、これが正確に機能するかどうかが企業の命運を左右する場合もあります。

フルリストアとは

定義

フルリストアとは、バックアップされたデータベースの全ての要素を復元する方法です。

適用ケース

  • システム全体がダウンしている
  • データベース全体が破損している
  • 新しい環境にデータベースを移行する

メリット・デメリット

メリットデメリット
全データの一貫性が確保される時間がかかる
手続きがシンプルストレージ容量を多く消費
フルリストアのメリット・デメリット

パーシャルリストアとは

定義

パーシャルリストアとは、バックアップされたデータベースの一部分だけを復元する方法です。

適用ケース

  • 特定のテーブルやレコードが破損している
  • 特定の時点でのデータだけを確認したい
  • リソースを節約したい場合

メリット・デメリット

メリットデメリット
高速一貫性の確保が難しい
リソースの節約手続きが複雑
パーシャルリストアのメリット・デメリット

フルリストアとパーシャルリストアの比較

項目フルリストアパーシャルリストア
速度遅い速い
一貫性高い低い
複雑性低い高い
リソース消費多い少ない
フルリストアとパーシャルリストアの比較

まとめ

フルリストアとパーシャルリストアにはそれぞれ特有のメリット・デメリットがあり、適用ケースによって最適な選択が異なります。緊急性、一貫性、リソースの観点から適切に選びましょう。

コメント

コメントする

目次