BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLにおけるER図のキー: 主キー、外部キー、候補キーの識別方法

この記事では、SQLでよく使用されるER(Entity-Relationship)図のキーについて解説します。具体的には、主キー、外部キー、および候補キーとは何か、それぞれのキーがどのように機能するのかを説明します。ER図を理解することで、より効率的なデータベース設計が可能となります。

目次

ER図とは

ER図(エンティティ-リレーションシップ図)は、データベースの構造を視覚的に表現するための図です。エンティティ(テーブル)、属性(フィールド)、リレーションシップ(関連)などが記載されています。

主キー(Primary Key)

主キーの定義

主キーとは、テーブル内で各レコードを一意に識別するためのキーです。主キーはテーブルごとに1つだけ設定することができます。

主キーの特徴説明
一意性主キーに設定されたフィールドは、同じ値が重複してはいけない。
NOT NULL主キーのフィールドはNULL値を許容しない。
主キーの特徴と説明

主キーの用途

主キーの主な用途は以下の通りです。

  • レコードの一意識別
  • 高速なデータ検索
  • リレーションシップの構築

外部キー(Foreign Key)

外部キーの定義

外部キーとは、他のテーブルの主キーを参照するフィールドのことです。これにより、テーブル間のリレーションシップが形成されます。

外部キーの特徴説明
参照制約外部キーは、参照先の主キーと整合性を保つ必要がある。
リレーションシップ外部キーを用いることで、テーブル間の関連性が明示される。
外部キーの特徴と説明

外部キーの用途

外部キーの主な用途は以下の通りです。

  • データの整合性維持
  • 複数テーブル間の関連付け

候補キー(Candidate Key)

候補キーの定義

候補キーとは、主キーとして機能可能なキーのことです。しかし、1つのテーブルには1つの主キーしか設定できないため、残りの候補キーは代替キーとも呼ばれます。

候補キーの特徴説明
一意性候補キーに設定されたフィールドは、一意な値しか許容しない。
選択性主キーが設定された後、候補キーは代替キーとして選択することができる。
候補キーの特徴と説明

候補キーの用途

候補キーの主な用途は以下の通りです。

  • データ検索の高速化
  • データ整合性の確保

まとめ

ER図における主キー、外部キー、候補キーは、データベース設計において重要な要素です。各キーが持つ特性や用途を理解することで、効率的なデータベース設計が可能となります。特に主キーはレコードの一意識別に、外部キーはテーブル間のリレーションシップに、候補キーは高速なデータアクセスに役立つ点があります。

コメント

コメントする

目次