優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

テキストファイルのデータをSQLデータベースにインポートする方法

テキストファイルに保存されたデータをSQLデータベースにインポートする際の手法には様々なものがあります。この記事では、テキストファイルからデータをSQLデータベースにインポートする基本的なコマンドと手順について解説します。環境設定から具体的なコマンド、エラー対処までを網羅的に説明していきます。

目次

前提条件と環境設定

まず、SQLデータベースとテキストファイルの環境設定が必要です。

SQLデータベース

SQLデータベースがインストールされ、基本的なテーブルが作成されている必要があります。

テキストファイル

データを保存するテキストファイルは、各フィールドがカンマ、タブ、あるいはその他の区切り文字で区切られていることが一般的です。

SQLインポートコマンドの基礎

SQLデータベースにデータをインポートする基本的なコマンドには、主に以下のようなものがあります。

LOAD DATA INFILE 'path/to/text/file'
INTO TABLE table_name
FIELDS TERMINATED BY ','
LINES TERMINATED BY '\n';

コマンドの各部分の説明

コマンド部分説明
LOAD DATA INFILEファイルからデータを読み込む
‘path/to/text/file’テキストファイルのパス
INTO TABLEどのテーブルにデータを挿入するか
FIELDS TERMINATED BYフィールドが何で区切られているか
LINES TERMINATED BY行が何で区切られているか
SQLインポートコマンドの各部分

実践例

実際にテキストファイルからSQLデータベースにデータをインポートする手順を以下に示します。

1. テキストファイルの準備

以下のような内容のテキストファイルを用意します。

名前,年齢,性別
田中,30,男
佐藤,25,女

2. SQLデータベースにテーブルを作成

次に、以下のSQLコマンドを実行してテーブルを作成します。

CREATE TABLE 人物 (
    名前 VARCHAR(50),
    年齢 INT,
    性別 VARCHAR(10)
);

3. データのインポート

用意したテキストファイルをSQLデータベースにインポートします。

LOAD DATA INFILE 'path/to/text/file'
INTO TABLE 人物
FIELDS TERMINATED BY ','
LINES TERMINATED BY '\n'
IGNORE 1 LINES;

「IGNORE 1 LINES」は、テキストファイルの最初の行(ヘッダー)を無視するためのオプションです。

まとめ

テキストファイルからSQLデータベースにデータをインポートするには、環境設定や基本的なSQLコマンドが必要です。この記事で紹介した手法とコマンドを理解し、適用することで、データのインポート作業を効率よく進めることができるでしょう。

コメント

コメントする

目次