優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

複数ユーザーが同時にDBアクセスする際のCOMMITの役割とは

複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスした場合、データの整合性を保つためには何が必要でしょうか。答えは「COMMIT」です。この記事では、COMMITが複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスする際に果たす役割について解説します。

目次

COMMITとは

COMMITは、データベースで行われた一連の変更を確定する命令です。変更が成功した場合にのみ、これをデータベースに反映させる役割があります。

なぜCOMMITが必要なのか

複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスする場面では、データの整合性が保たれる必要があります。COMMITを使用することで、各ユーザーの変更が競合しないようにすることができます。

複数ユーザーの同時アクセスとデータの整合性

複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスする場合、以下のような問題が起こる可能性があります。

データの競合

2人以上のユーザーが同時に同じデータにアクセスした場合、その後どの変更を採用するかが問題になります。

シナリオ問題点
ユーザーAとユーザーBが同時に商品の価格を変更最後にCOMMITされたユーザーの変更が反映され、先にCOMMITしたユーザーの変更は無視される
ユーザーAが商品の在庫を増やし、同時にユーザーBがその商品を購入在庫数が一時的に不整合になる可能性がある
テーブル1:データの競合の例

COMMITの役割

トランザクションの確定

COMMITは、変更を確定する前にデータの整合性を確認します。これにより、データの競合や不整合を防ぐことができます。

ロールバックの可能性

変更が何らかの理由で適用できなかった場合、COMMIT前の状態に戻すことが可能です。これをロールバックと呼びます。

BEGIN;
-- 変更の試行
COMMIT; -- 変更の確定
-- or
ROLLBACK; -- 変更のキャンセル

まとめ

複数のユーザーが同時にデータベースにアクセスする際には、データの整合性が非常に重要です。COMMITを正しく利用することで、データの整合性を保ち、競合や不整合を防ぐことができます。

コメント

コメントする

目次