優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイスの詳細はこちら

NoSQLデータベースのフェールオーバー戦略

この記事では、NoSQLデータベースのフェールオーバー戦略について詳しく解説します。フェールオーバーは、障害発生時にシステムの稼働を維持するための重要な手法です。特に、NoSQLデータベースが使われているシステムでは、フェールオーバーの設定と戦略が不可欠です。

目次

フェールオーバーとは

フェールオーバーとは、一つのシステムが故障した場合に、代替のシステムがその役割を引き継ぐことを指します。具体的には、データベースがダウンした場合、フェールオーバーが設定されていれば、代わりのデータベースが自動的に稼働を始めます。

用語説明
フェールオーバー一つのシステムが故障した際に、代替のシステムが作動する仕組み
フェールバック故障したシステムが復旧した後、元のシステムに切り替える仕組み
テーブル名称1

NoSQLデータベースの特性

NoSQLデータベースは、従来のRDBMS(関係データベース)とは異なる点が多くあります。この特性によって、フェールオーバーの戦略も異なります。

特性説明
スキーマレス固定されたスキーマが不要
水平スケーリング複数のサーバーにデータを分散
テーブル名称2

フェールオーバー戦略

マスター-スレーブ構成

この構成では、一つのマスターノードと一つ以上のスレーブノードがあります。マスターノードがダウンすると、スレーブがマスターの役割を担います。

項目メリットデメリット
マスター-スレーブ構成シンプルで理解しやすいマスターが単一障害点になる
テーブル名称3

シャーディング

シャーディングでは、データを複数のデータベースに分散保存します。各シャードが独立しているため、一つのシャードが故障しても他のシャードが影響を受けません。

項目メリットデメリット
シャーディング高い耐障害性設計が複雑
テーブル名称4

まとめ

NoSQLデータベースにおけるフェールオーバーは、システムの耐障害性を高める重要な手段です。マスター-スレーブ構成やシャーディングなど、様々な戦略が存在するため、システムの要件に応じて最適な戦略を選ぶ必要があります。

コメント

コメントする

目次